クアッドコアCPU2基搭載!——8コアのスーパーデスクトップPC | RBB TODAY

クアッドコアCPU2基搭載!——8コアのスーパーデスクトップPC

IT・デジタル ノートPC

Prime Galleria XS
  • Prime Galleria XS
 PCショップ「ドスパラ」を展開するサードウェーブは、インテル社のハイエンドプラットホーム「Skulltrail」を採用したデスクトップPC「Prime Galleria XS」シリーズを発売した。

 Skulltrailは、従来のクアッドコアおよびシングル・グラフィックスカード以上のパフォーマンスを求めるヘビーユーザーをターゲットに開発されたハイエンドプラットホーム。

 同シリーズの最上位モデル「Ωタイプ」では、Core 2 Extreme QX9775を2基搭載し8コアのPC環境を実現した。動作クロックは、標準3.2GHzから3.6GHzにオーバークロック。グラフィック能力は、デュアルGPUグラフィックカード「GeForce 9800GX2」を3基搭載する。これによりPC史上類を見ないスーパーPCになっている。

 そのほか、電源2基を組み合わせて使用し、合計1260W(600W+660W)の出力が可能。電力キャパシティーに大幅な余裕を持たせ、CPUやグラフィックカードへの安定した電源供給を実現した。データ保存には、一般的なHDDよりも高速なSSD64GBを採用。光学ドライブはBlu-rayドライブを装備する。 

 メモリは4GB。本体サイズは幅205×高さ515×奥行き593mm。価格は1,339,800円。

 また、下位モデル「αタイプ」も用意。価格は,339,800円。詳細は下記のとおり。

●αタイプ
CPU:Xeon 5205(デュアルコア/1.86GHz)×2基
マザーボード:5400 チップセット搭載E-ATX
メモリ:2GB DDR2 FB-DIMM(FSB800MHz /デュアルチャネル対応)
HDD:160GB (7,200rpm/Serial ATA2) 
グラフィック:NVIDIA GeForce 9600GT 512MB(PCI-Express) 
光学ドライブ: DVDスーパーマルチ
本体ケース:E-ATXフルタワーケース【専用設計電源1260W(600W+660W)】
本体サイズ:幅205×高さ515×奥行き593mm
Windows XP Professionalインストール済み
《近藤》

関連ニュース

特集

page top