Windows Server 2008ファミリのパッケージ製品が4月16日発売〜18日に発売記念イベント | RBB TODAY

Windows Server 2008ファミリのパッケージ製品が4月16日発売〜18日に発売記念イベント

 マイクロソフトは、「Microsoft Windows Server 2008」ファミリの各パッケージ製品を4月16日に発売する。

エンタープライズ その他
Microsoft Windows Server 2008 Standard
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard
 マイクロソフトは、「Microsoft Windows Server 2008」ファミリの各パッケージ製品を4月16日に発売する。

 今回発売されるのは、Microsoft Windows Server 2008 Standard 日本語版(5 CAL付)、Microsoft Windows Server 2008 Enterprise 日本語版(25 CAL付)、Microsoft Windows Web Server 2008 日本語版、Windows Server 2008 5CAL 日本語版の4パッケージ。価格はオープンだが、参考価格はそれぞれ18万8,000円、72万円、8万5,800円、3万2,600円。

 Windows Server 2008 5CAL 日本語版をのぞくすべてのパッケージでx86とx64のDVDメディアを同梱し、ユーザーのニーズに合わせて32bit/64bitの選択が可能だ。また、Windows Server 2008 EnterpriseとWindows Server 2008 Standardには、Microsoft Hyper-Vのベータ版が含まれ、サーバーを仮想化環境上で使用できる。なお、Hyper-Vの製品版は8月に発売予定だ。

 ヨドバシカメラマルチメディアAkiba 2F ソフトコーナーとビックカメラ 有楽町店本館 4F パソコンソフトコーナーにおいて、Windows Server 2008発売記念イベントが4月18日の17時、18時、19時の3回開催される。イベントでは、Hyper-V、クライアントの検疫を行うネットワークアクセス保護機能、ターミナルサービスといったWindows Server 2008の新機能のデモが行われる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top