NTTデータとエンテラシス、認証スイッチの単一ポート上でアクセス制御が可能な検疫LANソリューション | RBB TODAY

NTTデータとエンテラシス、認証スイッチの単一ポート上でアクセス制御が可能な検疫LANソリューション

エンタープライズ その他

エンテラシス・ネットワークス Matrix Nシリーズ
  • エンテラシス・ネットワークス Matrix Nシリーズ
 エヌ・ティ・ティ・データ先端技術とエンテラシス・ネットワークスは、統合型LAN検疫ソリューション「NOSiDE Inventory Sub System」とエンテラシスの認証スイッチの連携による「検疫LANソリューション」を共同開発し、同機能に対応したNOSiDE Inventory Sub Systemを3月24日に発売する。NOSiDE Inventory Sub Systemの価格は195万円より(100クライアント時、税別)。

 今回開発された検疫LANソリューションは、エンテラシスの認証スイッチ製品「Matrix Nシリーズ」のネットワーク認証機能「ダイナミック・ポリシー」を利用して、NOSiDE Inventory Sub Systemでの検査に合格したクライアントコンピュータに対して、認証スイッチの単一ポート上でユーザ単位・コンピュータ単位で定義したALC(アクセス・コントロール・リスト)を割り当てられるというもの。また、従来からの「エージェントレス検疫」機能は継承され、検査対象となるクライアントコンピュータに検疫エージェントを搭載することなく検疫ネットワークの構築が可能だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top