ポップなデザインのビデオカメラ「Xacti」新モデル——910万画素CMOSセンサー搭載 | RBB TODAY

ポップなデザインのビデオカメラ「Xacti」新モデル——910万画素CMOSセンサー搭載

IT・デジタル デジカメ

DMX-CG9(左からホワイト/レッド/ブラック)
  • DMX-CG9(左からホワイト/レッド/ブラック)
 三洋電機は19日、同社製デジタルビデオカメラ「Xacti(ザクティ)」シリーズの新ラインアップとして、910万画素の写真撮影を可能としたモデル「DMX-CG9」を発表した。カラーはホワイト/レッド/ブラックの3色を用意。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。4月18日発売。

 同製品は、ポップなカラーと丸みのある筐体を採用するコンパクトサイズのビデオカメラ「Xacti」のエントリーモデル。従来モデル同様、撮影モードなどの設定を簡単に行えるシンプルメニューを採用するほか、操作ボタン類は、爪の長い女性でも指一本で操作できるように従来モデルより大きいサイズを装備するなど、女性や初心者に配慮した仕様となっている。

 機能面では、1/2.33型910万画素CMOSセンサーおよび光学5倍ズームレンズの採用により、高解像度での写真撮影や高速連写に対応。60フレーム/秒の動画撮影および800万画素での静止画連写を可能とした。また、動画記録フォーマットには、MPEG-4 AVC/H.264を採用。TV-HRモード使用時では、640×480ピクセルで60フレーム/秒の動画撮影を行える。

 そのほか、最大12人までの「顔検出」機能や、回転ぶれや被写体ぶれにも有効な手ぶれ補正機能「マルチぶれキャンセラー」、1,200万画素相当の撮影が行える「ピクトライズ」などの機能を搭載。ISO感度は最大1,600に対応する。

 ディスプレイは2.5型カラー液晶を搭載。記録メディアは内蔵メモリ(約40GB)およびSD(SDHC)メモリーカード。バッテリはリチウムイオン充電池で、連続駆動時間は、動画撮影時で約70分、動画再生時は約160分、静止画なら約195枚の撮影を可能としてる。本体サイズは幅73.8×高さ101×奥行き38.6mmで、バッテリおよびメモリーカードを含む重さは199g。
《花》

関連ニュース

特集

page top