SBモバイル、春商戦向け新機種「FULLFACE2 921SH」「921T」を発売開始 | RBB TODAY

SBモバイル、春商戦向け新機種「FULLFACE2 921SH」「921T」を発売開始

 ソフトバンクモバイルは、春商戦向け新機種「FULLFACE 2 SoftBank 921SH」(シャープ製)を14日より、「SoftBank 921T」(東芝製)を15日より全国で発売する。

ブロードバンド その他
タッチスクリーンインターフェイス採用の921SH
  • タッチスクリーンインターフェイス採用の921SH
  •  ソフトバンクモバイルは、春商戦向け新機種「FULLFACE 2 SoftBank 921SH」(シャープ製)を14日より、「SoftBank 921T」(東芝製)を15日より全国で発売する。
  •  ソフトバンクモバイルは、春商戦向け新機種「FULLFACE 2 SoftBank 921SH」(シャープ製)を14日より、「SoftBank 921T」(東芝製)を15日より全国で発売する。
  • レグザ携帯:921T
  •  ソフトバンクモバイルは、春商戦向け新機種「FULLFACE 2 SoftBank 921SH」(シャープ製)を14日より、「SoftBank 921T」(東芝製)を15日より全国で発売する。
  •  ソフトバンクモバイルは、春商戦向け新機種「FULLFACE 2 SoftBank 921SH」(シャープ製)を14日より、「SoftBank 921T」(東芝製)を15日より全国で発売する。
 ソフトバンクモバイルは、春商戦向け新機種「FULLFACE 2 SoftBank 921SH」(シャープ製)を14日より、「SoftBank 921T」(東芝製)を15日より全国で発売する。

 「FULLFACE 2 SoftBank 921SH」は、指で直接触れて操作する「タッチレガート」センサーを採用。タッチ・長押し・なぞりの3つの動作に対応しており、触れたり、なぞったり、振ったりすることで操作可能なフルスライダーケータイだ。前モデル(FULLFACE SoftBank 913SH)より約1mm薄くなった15.9mmスリムボディに、3.2インチフルワイドVGA液晶(480×854ドット)を搭載。16:9フルスクリーンでワンセグを視聴が可能となっている。有効画素数320万画素のオートフォーカス対応CMOSカメラも搭載する。サイズは幅約50×高さ112×厚さ15.9mm、約135g。連続通話時間/待受時間は約240分/約330時間となる。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ピンク、ゴールド、ブライトブルーの5種類が用意される。価格はオープン価格。

 一方「SoftBank 921T」は、液晶テレビ「レグザ」で培った優れた色再現性を持つ2.8インチワイドQVGA有機ELディスプレイを搭載。最大10,000:1の高いコントラストと、速い応答速度を実現し、動きの早いスポーツ番組などでも残像がない映像を視聴可能となっているとのこと。ワンセグ視聴時に、番組内容や状況に合わせて画質を調整する「画質設定」「輪郭強調」などの機能を搭載しており、場面に応じた視聴が可能となっている。有効画素数324万画素のオートフォーカス対応CMOSカメラも搭載する。サイズは幅約51×高さ106×厚さ19.4mm、約132g。連続通話時間/待受時間は約180分/約440時間となる。カラーバリエーションはブラックシルバー、ホワイト、カーキゴールド、ピンク、ビビッドピンクの5種類が用意される。価格はオープン価格。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top