藤原竜也がドラマ「東京大空襲」で感じた戦争とは | RBB TODAY

藤原竜也がドラマ「東京大空襲」で感じた戦争とは

 テレビ情報総合ポータルサイト「DOGATCH(ドガッチ)」の「WOMAN.DOGATCH」では、日本テレビ開局55年スペシャルドラマ「東京大空襲」に出演する藤原竜也のインタビュー動画を配信中。

エンタメ その他
WOMAN.DOGATCH
  • WOMAN.DOGATCH
 テレビ情報総合ポータルサイト「DOGATCH(ドガッチ)」の「WOMAN.DOGATCH」では、日本テレビ開局55年スペシャルドラマ「東京大空襲」に出演する藤原竜也のインタビュー動画を配信中。

 17日、18日の2夜連続で放送されるドラマ「東京大空襲」。1945年3月10日未明、東京に32万発もの焼夷弾が落とされ、10万人以上の命が奪われた。降り注ぐ戦火の中、苦難にめげずに生きようとした若者の1人を、藤原竜也が演じる。
 
 インタビューでは、藤原竜也が撮影現場の雰囲気や、役作りなどについて語る。舞台や映画など、さまざまな作品で活躍する彼が、今回の作品で感じた戦争とは。
《井藤祥子》

特集

page top