米Yahoo! モバイルコンテンツ管理ツールonePlaceってなに? | RBB TODAY

米Yahoo! モバイルコンテンツ管理ツールonePlaceってなに?

エンタープライズ モバイルBIZ

プレスカンファレンスの様子
  • プレスカンファレンスの様子
  • onePlaceのホームページ画像
  • onePlaceサンプルイメージ:コレクション、カテゴリ、パルス(適宜更新情報)、フェイバリットなどのメニューでコンテンツが作成可能だ
  • onePlaceサンプルイメージ:コレクション、カテゴリ、パルス(適宜更新情報)、フェイバリットなどのメニューでコンテンツが作成可能だ
 米Yahoo!は4日(現地時間)、ドイツ、ハノーバーで開催されている情報通信機器の国際会議であるCeBITにて、モバイルコンテンツ管理ソリューション、onePlaceを発表した。

 onePlaceは、モバイルインターネット環境において、ユーザーやサービスプロバイダが、ウェブサイト、ビデオ、写真、メール、検索、フィードなどあらゆるコンテンツを、ユーザーベースで管理、カスタマイズするためのソリューションだ。たとえば、海外旅行の計画があるとして、行き先の気候、地図、レストラン情報、ホテル予約、レジャー情報、観光ガイド、辞書などインターネット上の関連情報をブックマーク機能とメニュー作成機能によってリンク集をまとめる。ユーザーはこれらの情報を適宜閲覧、あるいは素材を加工して自分なりの情報コンテンツを作成できるものだという。onePlaceにはモバイルRSSリーダも実装され、作成した情報のアップデートも可能だ。プロ野球やサッカーなどのリーグ戦やシリーズのコンテンツならば、試合経過や結果などの自動更新ができるはずだ。

 イメージとしては、自分でカスタマイズできる携帯の「マイ公式メニュー」のような機能だろうか。よくアクセスするサイトや関連情報、独自のカテゴリや更新ポリシーで管理できる。もちろん単にブックマークとして使っても問題なさそうだが、携帯端末のような限られた入力インターフェイスでは、「ワンクリック」「ワンプレース」形式のメニューのカスタマイズは便利な機能といえる。

 発表では、利用可能なコンテンツとして、 Yahoo! networkのMyYahoo!、flickr、del.icio.usなどの他、Digg、Last.FM、reddit、Yelpなどサイトを挙げている。実際のサービス開始については、2008年第2四半期までにYahoo! oneConnectの通じて行う予定としている。また、同日の発表では、Yahoo! Go 3.0のウィジェットサービスをヨーロッパでも開始することもアナウンスされた。

 なお、この発表の様子は記事下関連リンクからオンデマンド配信で視聴できる。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top