【ビデオニュース】オススメのキーボードは? | RBB TODAY

【ビデオニュース】オススメのキーボードは?

IT・デジタル その他

 前回はスタッフが使っているプラネックスコミュニケーションズの「GW-US54Mini2W」をビデオニュースで紹介した。そのすぐ後、「何か面白いものない?」と、隣に座っている女性編集者(RBB NAVi担当)に声をかけた。締切りの修羅場だろうか?チラリと横目で見ながら「これしかないんですけど」と、一心不乱に打っているキーボードを紹介してくれた。音を聞けばわかると思うが、彼女が使っているのがダイヤテックのキーボードで、Majestouch click tactile「マジェスタッチ クリックタクティル」(日本語108キーボード・かなあり)だ。同社のホームページでは予定数量完売となっているが、昨年の8月に発売になった製品だ。ドイツCherry社のMX click tactileキースイッチ(青軸)を採用しており、心地よいクリック感が特徴だ。PS/2、USBに対応しており、PS/2は変換コネクタを使用する。残念ながら、楽天ショップでも完売となっている商品で「まだどっかにあるかもよ」と言っていた。どっか…。





 そこで、電気街・秋葉原へ。キーボードの品揃えで有名なクレバリー2号店に出撃した。店内いっぱいに陳列されたキーボードに目を奪われ、本来のキーボード探しを忘れ、気がつくと人気のキーボードをフツーに店員に取材していた。





 まず、オススメとして紹介されたのがダイヤテックのMajestouch N-key rollover「マジェスタッチ Nキーロールオーバー」黒軸・かななし(型番:FKBN108ML/NB)。ポップによると「Nキーロールオーバーとは複数のキーを同時に押した時にすべてのキー入力が認識される機能」のこと。なお、同製品はPS2接続の時にのみ全押しに対応し、USB接続の時は6つのキーまで対応しているという。ドイツCherry社の黒軸を採用している。価格は10,468円(税込)。次に紹介されたのが無線キーボードで、アオテックの「AOK-123WMK(USB)」。3,328円という低価格ながら、充電式マウスまで付属しているのが嬉しい。




 タッチパッド付きがいいという人には「1011PU(USB)」(4,902円)。メーカー不明だった。また、コンパクト&スリムなキーボードとしてはサンワサプライの「SKB-SL09BK」(USB・PS2)もオススメとのこと。テンキーレスで、きょう体がカーブすることで遠くのキーも打ちやすくしているのが特徴だ。2,908円(税込)。





 ちなみに入荷後すぐに売れ切れてしまうのは、東プレのRealforceシリーズ「Realforce108UBK(SJ08BO)」でWindouwsキーが付いたモデルだそうだ。価格は18,868円(税込)。Realforceシリーズはおそらく、実際に触ってみないとその良さが分からないだろう。実際に店頭で試してみることをオススメする。
《RBB TODAY》

特集

page top