凸版印刷と日立、ホログラムと非接触ICチップを一体化したラベル「ICホログラム」を製品化 | RBB TODAY

凸版印刷と日立、ホログラムと非接触ICチップを一体化したラベル「ICホログラム」を製品化

エンタープライズ その他

【左】ICホログラム 【右】「ICホログラム」読み取りイメージ
  • 【左】ICホログラム 【右】「ICホログラム」読み取りイメージ
 凸版印刷、日立製作所、日立化成工業の3社は28日、ホログラムと非接触ICチップを一体化したラベル「ICホログラム」(特許出願中)を世界で初めて、共同で開発したことを発表した。凸版印刷が製品化し、2008年3月4日から販売を開始する。出荷開始は9月中旬を予定する。

 凸版印刷の独自技術で製造したホログラム「クリスタグラム」に、日立の開発した世界最小クラスの非接触ICチップ「ミューチップ」(サイズ:0.4mm角、薄さ:0.045mm)を、日立化成の実装技術により組み込んだラベルとなる。「ICホログラム」を、ブランド品などをはじめとしたさまざまな商品に貼り付けることで、「クリスタグラム」を活用した目視による偽造確認、「ミューチップ」のユニークIDを活用した商品の生産・流通履歴管理(トレーサビリティ)が可能となる。サイズは最小で25mm×20mm。周波数帯は2.45GHzを使用する。

 特徴としては、微細な形状加工が可能である“ディメタ加工”を「クリスタグラム」に施しているため、デザインを自在に加工できる点があげられる。商品のラベルデザインの一部として利用することも可能だ。

 さらに「クリスタグラム」のアルミ蒸着部分を「ミューチップ」の電波受信アンテナとして活用しているため、ラベル以外であらたにアンテナなどを用意する必要がない仕組みだ。また、特殊な粘着加工をしており、無理に剥がそうとするとベースのフィルムだけが剥がれ、ホログラム自体が商品に残るようになっている。

 「ICホログラム」は受注生産で、売上目標は2010年度までに40億円。なお「ICホログラム」は3月4日〜7日に開催される「ICカードワールド2008」(東京ビッグサイト)の凸版印刷ブースで展示・紹介される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top