ソニーとシャープ、大型液晶パネル・モジュールの合弁会社設立へ | RBB TODAY

ソニーとシャープ、大型液晶パネル・モジュールの合弁会社設立へ

IT・デジタル テレビ

ソニー製液晶テレビ「BRAVIA」
  • ソニー製液晶テレビ「BRAVIA」
 ソニーとシャープは26日、大型液晶パネル・モジュールの生産および販売を行う合弁会社を設立するという両社の意向を確認する「意向確認覚書」を交わしたと発表。また、合弁契約を9月30日までに締結する。今回の合弁で、シャープのディスプレイ技術力とソニーのテレビ事業の市場競争力をさらに強化するのが狙い。

 現在、シャープが大阪府堺市に建設中の第10世代マザーガラスを採用する液晶パネル工場を分社化することにより、大型液晶パネル・モジュールの合弁会社を設立するという。出資比率に応じてシャープおよびソニーへ供給。さらに、液晶パネル・モジュール用部材の共同開発も検討していく。

●新会社概要 
会社名称:未定 
所在地:大阪府堺市堺区堺浜地区 
設立日:2009年4月
稼動開始時期:2009年度中 
資本金:未定(出資比率:シャープ66%、ソニー34%) 
投資額:未定(投資比率:シャープ66%、ソニー34%) 
事業内容:大型テレビ用液晶パネル・モジュールの生産およびシャープ、ソニーへの販売 
生産能力:72,000枚/月(稼動当初は36,000枚/月)(マザーガラス投入ベース)
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top