【インタビュー】“総合力”で差別化を図るKDDI「au one net」——ブロードバンド&ケータイでより便利にお得に | RBB TODAY

【インタビュー】“総合力”で差別化を図るKDDI「au one net」——ブロードバンド&ケータイでより便利にお得に

ブロードバンド その他

「ベストサービスアワード」最優秀賞に輝いたKDDIの「au one net」担当のKDDI株式会社 コンシューマ商品企画本部・ブロードバンド・コンシューマサービス企画部・au one netグループリーダー・担当部長の辻中伸生氏にトロフィーを授与
  • 「ベストサービスアワード」最優秀賞に輝いたKDDIの「au one net」担当のKDDI株式会社 コンシューマ商品企画本部・ブロードバンド・コンシューマサービス企画部・au one netグループリーダー・担当部長の辻中伸生氏にトロフィーを授与
  • 「ベストサービスアワード」最優秀賞に輝いたKDDIの「au one net」担当のKDDI株式会社 コンシューマ商品企画本部・ブロードバンド・コンシューマサービス企画部・au one netグループリーダー・担当部長の辻中伸生氏にトロフィーを授与
  • インタビューに答えるau one netグループリーダー・担当部長の辻中伸生氏(左)とau one netグループ・課長補佐の福澤斉史氏(右)
  • 辻中伸生氏
  • 福澤斉史氏
  • au one
 RBB TODAY編集部が2007年12月に実施した「ブロードバンドアワード2007」において「ベストサービスアワード」(ISP部門)最優秀賞に輝いたKDDIの「au one net」は、昨年9月、「DION」からブランド変更したKDDIのインターネット接続サービスだ。国内で唯一、移動体通信と固定通信の両サービスを提供しているKDDIの優位性を生かし、auケータイとのセット利用による通話料割引や請求書一括サービス、パソコンと携帯電話の両方から利用できるポータルサイトなど、両サービスの連携に注力している。

 「総合力」で他サービスとの差別化を図っている「au one net」について、KDDIのブロードバンド・コンシューマサービス企画部の辻中伸生氏と福澤斉史氏に話を聞いた。

——「au one net」のサービスラインアップについて紹介してください。

辻中氏:インターネット接続サービスとしては、ダイアルアップからADSL、光ファイバまで取り揃えています。また、無線LAN機器のほか、ひかりoneのお客様には同軸ケーブルモデム、高速PLCモデムもレンタルでご提供しています。

 さらにオプションとしては、モバイル接続サービスや、公衆無線LANサービス、auケータイ関連サービスといった移動系の接続サービスなど、お客様の多種多様なライフスタイルに応えるサービスを展開しています。

——現在のFTTHとADSLの新規申し込みはどのような割合ですか?

辻中氏:だいたい2:1です。簡単にインターネットを始められるADSLは、一人暮らしの若者を中心にまだ人気があるようです。また、最近では自宅に固定電話を持たない人も増えていますが、契約書などに必要な自宅電話番号として、メタル電話を同時にお申し込みになる方もいらっしゃるようです。

——auケータイの併用による特典について教えてください。

辻中氏:auケータイと固定通信サービそれぞれの請求書を1つにまとめる「KDDIまとめて請求」サービスをご利用いただくと、「KDDIまとめて割引」が適用され、月額基本料の割引や、両サービスのポイント合算といった特典があります。特に、ADSLとデータ通信専用カード「W05K」の組合せでは、「ADSLセット料金」が適用され、ADSLが1,575円/月からと大変お得です。さらに、ひかりone やADSL oneで電話サービスをご契約のお客様には、auケータイから自宅電話番号への通話料が半額になる「au→自宅割」もご利用いただけます。

 こうしたセットメニューや連携サービスはこれからもどんどん充実させていきます。

——サポートサービスの種類と内容について教えてください。

辻中氏:ご利用開始時には、専門スタッフがお宅に伺って、機器の接続からパソコンの設定までを行う「かけつけ設定サポート」があります。お申し込みのさいに女性スタッフをご指定いただくことも可能です。また「ひかりoneホーム」導入をご検討のお客様には、「おまかせアドバイザー」が無料でご自宅に伺いお客様の疑問にお答えし、ご利用開始までサポートさせていただくというサービスも行っています。なお、「おまかせアドバイザー」はau one netに限らず、ひかり one導入を検討されているお客様全般でご利用いただけます。

 ご利用開始後、ネットがつながらない場合などには、自動修復ツールでパソコンの状態を診断して自動修復する「au one net おまかせサポート」や、au one netのオペレーターがお客様のパソコンを遠隔操作して問題を解決する「リモートサポート」を無料にてご用意しています。また、電話サポートを24時間365日受け付ける「おたすけ電話サポート」があります。これは他社サービスにはないフルタイムのサービスでして、大変ご好評をいただいています。

福澤氏:au one netの新しい試みとして、提案型サポートにも今後注力していきたいと考えています。「au one net インターネットガイド」では、他社さんの製品やサービスとタイアップして便利なツールやサービスを案内した特集ページや、メールの活用法やセキュリティ対策といったインターネットに関するもの、日常生活に役立つちょっとした話など、様々なトピックを取り上げて情報発信しています。

——ポータルサイト「au one」について教えてください。

辻中氏:昨年9月に「au one net」へブランド変更したさいに、「DION」およびパソコン向けポータルサイト「DUOGATE」、auケータイの「EZweb」を統合し、パソコンとauケータイでシームレスに利用できる「au one」を開始しました。このポータルサイトはたとえば、パソコンで乗換案内の検索結果を保存しておき、auケータイのEZナビウォークで使うといった連携が可能になります。また、Googleの「Gmail」を活用したWebメール「au oneメール」も、パソコンとauケータイのどちらの「au one」からもご利用いただけます。さらに、au one net会員様以外にも広くご利用いただいている、映画などの映像コンテンツをDVDに直接焼き込むサービス「DVD Burning」のキャンペーン情報も、au one上でいち早くご紹介しています。

福澤氏:人気アーティストのライブ映像やプロモーションビデオを無料配信する「au one net EXCLUSIVE LIVE」は、3月以降アーティストをさらに拡充していきます。またライブの観覧などの会員特典も引き続き行っていきますのでご期待ください。au one net会員以外の方にも試聴いただけますのでぜひご覧ください。

——ユーザーから多く寄せられる意見や要望はありますか?

辻中氏:ポータルサイト「au one」において、より便利で使いやすいサービスへのご要望をいただいています。パソコンとauケータイの連携強化など、できるだけ早くご要望に応じていきたいと考えています。

——現時点で展開されているキャンペーンについて教えてください。

辻中氏:たとえばau one netのひかりoneのコースでは、月額利用料最大6か月間割引、初期費用無料、宅内LAN機器レンタル最大3か月無料などの「auの庭ではじめよう! キャンペーン」を行っています。さらにau one netホームページからお申し込みいただくと5,000円のキャッシュバックとなります。ADSL oneにおいても、ADSL初期費用無料、無線LAN機器レンタル最大3か月無料、メタルプラス電話初期費用無料などのキャンペーンを行っています。このほかにも、無料キャンペーンやプレゼント企画など、様々なキャンペーンをご用意しています。 

——現在、導入を検討されている方々へのメッセージをお願いします。

辻中氏:KDDIは、インターネットや携帯電話などのあらゆる通信を統合し、放送とも連携させていくというFMBC(Fixed Mobile and Broadcast Convergence)を全社的に推進しています。「DION」を「au one net」にブランド変更して「au」を冠したことには、FMBCによってお客様にメリットを感じていただけるサービスを提供していきたいという私たちの思いがあります。今回、「ベストサービスアワード」最優秀賞に選んでいただけたのも、こうした私たちの方向性が会員の皆様にご理解いただけたものと嬉しく思っております。

 これからも、KDDI「総合力」をもって、便利でお得と感じていただけるサービスをご提供していきますので、auケータイをお使いでない方々も(笑)、ぜひ「au one net」をご検討ください。よろしくお願いします。

——ありがとうございました。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top