2008年2月のセキュリティ情報は「緊急」が6件、「重要」が5件 | RBB TODAY

2008年2月のセキュリティ情報は「緊急」が6件、「重要」が5件

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは13日、2008年2月のセキュリティ情報を公開した。

 発表によると、2008年2月のセキュリティ情報は「緊急」が6件、「重要」が5件の合計11件。Windows、Office、Internet Explorer、Active Directry、IISなど広い範囲のソフトウェアが影響を受けている。それぞれのセキュリティ情報の詳細は以下の通り。

▼ 緊急
・WebDAV Mini-Redirector の脆弱性により、リモートでコードが実行される
・OLE オートメーションの脆弱性により、リモートでコードが実行される
・Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される
・Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
・Microsoft Office Publisher の脆弱性により、リモートでコードが実行される
・Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される

▼ 重要
・Active Directory の脆弱性により、サービス拒否が起こる
・Windows TCP/IP の脆弱性により、サービス拒否が起こる
・インターネット インフォメーション サービスの脆弱性により、特権の昇格が起こる
・インターネット インフォメーション サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される
・Microsoft Works ファイル コンバータ の脆弱性により、リモートでコードが実行される
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top