Yahoo!買収拒否に対してマイクロソフトのコメント——敵対的買収も示唆 | RBB TODAY

Yahoo!買収拒否に対してマイクロソフトのコメント——敵対的買収も示唆

ブロードバンド その他

 11日(現地時間)、米Yahoo!は、マイクロソフトからの買収提案について、正式に拒否するという回答をリリースした。これを受けてマイクロソフトも直ちにコメントを発表した。

 まず、Yahoo!は、マイクロソフトの提案について、経営顧問、法律顧問、外部相談役などと慎重に検討した結果、買収条件が現在のYahoo!の持つブランド力や将来の成長性、キャッシュフローなどを低く評価しており、同社や株主に対してベストなものではないと断じた。

 この発表のあと、マイクロソフトは、

「Yahoo!が提案を受け入れなかったことは残念である。この連合に参加することは、オンラインマーケットにおいて競争の優位に立ち、ユーザー、メディア、クライアントに対して刺激的なソリューションを提案する価値と機会である。両社の連合は、ユーザーに偉大な価値とサービスを提供するものとなる企業を生み出すだろう。さらに、インターネット検索・オンライン広告での万人が納得する第2位の企業の設立は、より健全な市場を生み出すはずだ。Yahoo!の回答は、我々の戦略や提案の価値を大きく損なうものではない。前回のアナウンスで述べたとおり、マイクロソフトは、Yahoo!の株主に対して提案の真価を現実のものとするための、あらゆる手段を続行する権利を留保している。」

というコメントを発表した。

 コメントでは具体的な次のステップについての言及はないが、プロキシーファイト(委任状争奪戦)や公開買い付けなどの手段を示唆しているともとれる内容だ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top