日本アバイア、音声窓口を実現する「Avaya Voice Portal」の新バージョン4.1を提供開始 | RBB TODAY

日本アバイア、音声窓口を実現する「Avaya Voice Portal」の新バージョン4.1を提供開始

エンタープライズ その他

 日本アバイアは8日より、音声入力、音声出力といった音声窓口・ガイダンスを実現するソフトウェア「Avaya Voice Portal」の新バージョンとなる「Avaya Voice Portal 4.1」の提供を開始した。

 「Avaya Voice Portal」はWebサービスを活用した音声による情報提供サービスを実現するソフトウェア。顧客サービスだけでなくCRM、ERP、SCMなどの業務システムに、音声窓口(ポータル)をコールコントロール機能とともに提供する。これにより、重要な情報を音声でリアルタイムに通知し、必要に応じて転送や会議召集等、通知後のアクションをスムーズに実施することが可能となる。音声窓口を活用することで、企業は、既存の IT資産をWebサービス経由で流用でき、新たな顧客サービスの拡充やビジネスプロセスの効率化を図ることができる。また、エンドユーザは、インターネットにアクセスがない状況においても、電話を使って企業が提供する情報をリアルタイムに入手し、予約や購買などの取引が可能となる。

 「Avaya Voice Portal 4.1」は、サービス指向アーキテクチャ(SOA)を採用、EclipseのアドオンとしてVoiceXMLやCCXML スピーチアプリケーション開発環境「Avaya Dialog Designer」を無償で提供するなど、WebやJavaデベロッパーが開発しやすいオープンな環境で開発できるため、短期間での情報提供サービス開発が可能とのこと。1ポートから構築でき、2,000ポートまでを1システムとして管理可能のほか、既存のIVRソリューションやボイスポータルと比較して、価格性能比を向上させている。

 日本アバイアでは「Avaya Voice Portal 4.1」を、リアルタイム・コミュニケーションをビジネスプロセスに組み込むことでビジネスの遂行に必要とされる関係者とのコミュニケーションの自動化と管理を支援するアバイアの「Communications Enabled Business Process」ソリューションの中枢を担うソフトウェアとして、今年度の中核製品と位置づけており、顧客に対して積極的に提案していきたいとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top