東芝、X7350×2を標準搭載した4wayラックマウントサーバ | RBB TODAY

東芝、X7350×2を標準搭載した4wayラックマウントサーバ

エンタープライズ その他

MAGNIA 7505R
  • MAGNIA 7505R
 東芝は24日より、IAサーバ「MAGNIA(マグニア)シリーズ」の新製品として、クアッド コア インテルXeonプロセッサX7350を搭載した4wayラックマウントサーバ「MAGNIA 7505R」の販売を開始した。製品出荷は2月15日を予定している。

 CPUには、標準2個・最大4個のクアッドコア インテルXeonプロセッサーX7350を搭載可能で、従来のデュアルコア インテルXeonプロセッサと比較した場合、同じ電力枠で最大3倍のパフォーマンスを実現しているという。

 4Uラックマウントながら2.5型SAS HDDを最大8台搭載可能、5.25型デバイスベイにテープ装置を内蔵可能で、高い拡張性維持している。PCI Expressについては7スロットを装備。オンボードLANについては4ポートを装備する。メモリは最大64GBまで対応(オンラインスペアメモリ、ミラーリングメモリ対応)。RAID6に対応したRAIDコントローラも標準搭載する。ホットプラグ対応冗長電源、冗長ファン標準装備。

 価格は、X7350×2、OSなし構成の「MAGNIA7505R/D7350BS」が税込346万5,000円より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top