オリンパス、水深3m/-10℃の環境でも撮影できるコンパクトデジタルカメラ | RBB TODAY

オリンパス、水深3m/-10℃の環境でも撮影できるコンパクトデジタルカメラ

IT・デジタル デジカメ

µ 850SW
  • µ 850SW
 オリンパスイメージングは22日、防水・防塵機能と衝撃に強い構造が特長の「µ・SW(ショック&ウォータープルーフ)シリーズ」の新モデルとして、800万画素のコンパクトデジタルカメラ「µ 850SW」を発表。2月7日に発売する。カラーはプレミアムシルバー、ピアノブラック、カシスピンク、ミントブルー、レモンイエローを用意。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 同製品は、水深3mまでの防水機能・防塵機能や衝撃に強い構造、そしてマイナス10までの動作保証を備える有効画素数800万画素のコンパクトデジタルカメラ。マリンスポーツや水辺での遊びをはじめ、キャンプやハイキング、スキーなどでの使用で、水や泥・砂、落下、温度を気にすることなく撮影することができる。

 顔検出テクノロジーと「シャドウアジャストメント・テクノロジー」との組み合わせで「フェイス&バックコントロール」機能を実現。人物の顔を検出し自動的にピントと露出を合わせるだけでなく、背景にまで適正な露出コントロールを行い、人物と背景のそれぞれに露出の合った美しい画像の撮影を可能にする。

●µ 850SW
撮像素子:1/2.35型CCD
レンズ:38mm〜114mm/F3.5(W)〜F5.0(T)/光学ズーム3倍 
記録メディア:xD-ピクチャーカード/Micro SDカード
バッテリーフル時の撮影可能枚数:190枚
本体サイズ:幅93.6×高さ60.9×奥行き21.3mm
重さ:136g
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top