USEN、モバイルGyaOに「jigムービー」の技術を採用〜対応端末を拡大 | RBB TODAY

USEN、モバイルGyaOに「jigムービー」の技術を採用〜対応端末を拡大

ブロードバンド その他

モバイルGyaOのサンプル画面
  • モバイルGyaOのサンプル画面
 jigブラウザの企画・開発・販売を行うjig.jpは18日に、USENが運営する「モバイルGyaO」に「jigムービー」の技術提供を行うことを発表した。「モバイルGyaO」は21日よりNTTドコモのiモードメニューサイトとしてリニューアルを行う予定。

 従来は、USENが2006年より展開している一般サイト「モバイルGyaO」とiモードメニューサイト「ケータイGyaO」の2つのサービスだったが、統合して、音楽コンテンツを中心としたiモードメニューサイトとして生まれ変わる。

 jig.jpは、モバイルGyaOに視聴用アプリケーション「GyaOアプリ」を提供する。「GyaOアプリ」としての対応端末が増加することで、より広範なユーザがGyaOならではの豊富な長尺動画コンテンツをストリーミング形式で視聴可能になる。

 視聴用アプリケーション「GyaOアプリ」対応端末はFOMA 905i/904i/903i/902i/901i/900i、800i、704i/703i/702i/701i/700iシリーズ、Music Porter II/prosolid IIとなる。料金は月額制では、無料マイメニュー登録(無料)、有料マイメニュー登録(10円/315円/525円/1,050円)が用意されている。従量制ではポイント購入(315円/525円/1,050円)、コンテンツ毎課金(10円〜525円)の方式が用意されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top