スリムレンズ採用でコンパクトになったビクターのHDDビデオカメラ | RBB TODAY

スリムレンズ採用でコンパクトになったビクターのHDDビデオカメラ

IT・デジタル デジカメ

GZ-MG330のシルバーモデル
  • GZ-MG330のシルバーモデル
  • GZ-MG330のレッドモデル
  • GZ-MG330のブルーモデル
 日本ビクターは9日、HDDビデオカメラ「Everio(エブリオ)」の新ラインアップとして、新開発スリムレンズを搭載した「GZ-MG330」を発表。1月上旬に発売する。カラーはシルバー、レッド、ブルーを用意。価格はオープンで、予想実売価格は70,000円前後。

 同製品は、新開発スリムレンズの搭載によりスリムなデザインを実現するとともに、業界で初めて操作ボタンにタッチセンサーを採用したHDDビデオカメラ。従来モデルより約20%の薄型化に成功したという。また、液晶ディスプレイ横の操作ボタンに軽く触れるだけで、さまざまな操作ができる。

 HDDに記録した動画のタイトルをPCを使わずに本体で直接編集できる「ピクチャータイトル」機能を搭載。あらかじめ本体内に用意された20タイトルから撮影内容に合ったものを選ぶだけで、簡単に好みのタイトルを挿入可能だ。

 光学32倍ズームレンズを採用。動画で43〜1376mm、静止画で41〜1107mm。有効画素数は4:3時=動画時69万、静止画時100万画素。ディスプレイは2.7型ワイド液晶。本体サイズは幅54×高さ68×奥行き113mm。重さは約315g。
《》

関連ニュース

特集

page top