人気シリーズ「雀鬼」完結編、裏麻雀界の帝王・桜井章一がついに引退を決意したわけは? | RBB TODAY

人気シリーズ「雀鬼」完結編、裏麻雀界の帝王・桜井章一がついに引退を決意したわけは?

エンタメ その他

「雀鬼5[完結編] / ひとりだけの引退試合」
  • 「雀鬼5[完結編] / ひとりだけの引退試合」
  • 「雀鬼5[完結編] / ひとりだけの引退試合」
  • 「雀鬼5[完結編] / ひとりだけの引退試合」
 ブロードバンド放送GyaOでは、映画「雀鬼5[完結編] / ひとりだけの引退試合」を配信中。雀鬼(じゃんき)という異名を持つプロ雀士の実話を基にしたシリーズ完結編が登場だ。配信期間は1月21日正午まで。

 「雀鬼5[完結編] / ひとりだけの引退試合」は、裏麻雀界において20年間無敗を誇り、“雀鬼”と恐れられたプロ雀士、桜井章一を描いた人気シリーズ「雀鬼」の完結編。危険と隣り合わせの生活の中で、磨かれていく超絶テクニックや、裏技を駆使した雀師同士の勝負シーンは麻雀ファンならずとも必見。物語のモデルとなった伝説の雀士・桜井章一も監修で参加している。監督は小沼勝、主演は清水健太郎。ほかに坂上二郎、加納竜、阿部譲二、土田浩翔らが出演している。

 雀士・桜井章一(清水健太郎)は、「チャンプ」と呼ばれる男の噂を聞く日々が続いていた。南雲成人(加納竜)が常勝の神話を築きあげたのだ。その頃、桜井は勝ち続けることに苦しんでいた。荒む桜井のもとに、超大型代打ち麻雀の話が舞い込む。仕掛け人は南雲。桜井は、勝敗に関係なくこの試合で引退することを決意する……。
《》

関連ニュース

特集

page top