石井竜也、中田英寿らが地球温暖化防止を訴えるオリジナル映像を制作 | RBB TODAY

石井竜也、中田英寿らが地球温暖化防止を訴えるオリジナル映像を制作

エンタメ その他
 地球温暖化防止を啓発するウェブムービー「地球の未来へ贈ろうムービー」が公開開始。石井竜也、坂本龍一、中田英寿らが、それぞれの視点で地球温暖化防止をオリジナル映像で訴えている。

 「地球の未来へ贈ろうムービー」は、日本郵政グループが推し進める「カーボンオフセット年賀」の趣旨に賛同して制作されたもの。「カーボンオフセット年賀」は寄附金付き年賀はがきのひとつで、寄附の目的を「温室効果ガス削減への貢献」に限定したもの。販売価格55円のうち5円が寄附金となり、この寄附金が地球温暖化防止を推進するプロジェクトを支援し、京都議定書で定められた日本の温室効果ガス排出削減目標である「マイナス6%」に貢献する。

 「地球の未来へ贈ろうムービー」は、動画共有サイト「YouTube日本版」や「カーボンオフセット年賀オフィシャルWEBサイト」で公開中。どの映像も各々の視点で地球温暖化防止を訴える数十秒から数分間のオリジナル映像で、エンターテイメント性が高く、ここでしか見られないスペシャル映像ばかり。サンプラザ中野制作のアニメーション作品「本マグロトロ太郎」も公開されている。

 この「地球の未来へ贈ろうムービー」の輪はさらに広がっており、今後も主旨に賛同した有名・著名人たちが制作する映像も続々公開を予定している。また、カーボンオフセット年賀オフィシャルWEBサイトで提供する映像ジングル(共通フォーマット)を使って一般の人も参加することができる。
《》

関連ニュース

特集

page top