ダイヤモンドヘッド、GPS位置情報から住所や最寄り駅がわかるGPS座標変換サーバ | RBB TODAY

ダイヤモンドヘッド、GPS位置情報から住所や最寄り駅がわかるGPS座標変換サーバ

 ダイヤモンドヘッドは14日、GPS座標変換サーバ「GPSチェンジ」を発売した。

ブロードバンド その他
製品概要
  • 製品概要
 ダイヤモンドヘッドは14日、GPS座標変換サーバ「GPSチェンジ」を発売した。

 GPSチェンジは、GPS位置情報の変換機能を既存のWebシステムに対して提供するバックエンドシステム。携帯電話やPHSなどで取得したGPS位置情報でGPSチェンジに問い合わせを行うと、その座標に最も近い市区町村、町名、番地といった住所や駅情報などを返すというもの。TCPソケット通信でデータのやりとりができる環境ならば言語などは問わないほか、複数のプラットフォームから1台の変換サーバへのアクセスも可能だ。また、フリーダイヤルコールセンターによるサポートも用意されている。

 対応環境は、Swingが利用出来るJava環境。関東並みを扱わせる場合は512MB、日本全国を扱わせる場合は2048MBのメモリ容量が推奨される。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top