「仮面ライダー スーパー1」など東映特撮作品が続々ネットで! | RBB TODAY

「仮面ライダー スーパー1」など東映特撮作品が続々ネットで!

 東映では「東映特撮BB」と「東映特撮BBオンフレッツ」にて、テレビシリーズ「仮面ライダー スーパー1」、劇場版「超新星フラッシュマン 大逆転!タイタンボーイ」などの配信を開始した。

エンタメ その他
 東映では東映特撮ヒーロー作品を配信するPCインターネット向け有料会員制映像サイト「東映特撮BB」と「東映特撮BBオンフレッツ」にて、テレビシリーズ「仮面ライダー スーパー1」、劇場版「超新星フラッシュマン 大逆転!タイタンボーイ」などの配信を開始した。

 「仮面ライダー スーパー1」は、これまでの仮面ライダーたちとは異なり、宇宙開発を目的に作り出された惑星開発用改造人間の能力を備えた沖一也が「仮面ライダー」として戦うという特異な設定の作品。シルバーとブラックのカラーと様々な機能を持つファイブハンドに象徴されるメカニック性と中国拳法をモチーフにしたアクションの組み合わせで人気を博した。

 劇場版「超新星フラッシュマン 大逆転!タイタンボーイ」は、宇宙からやってきたヒーローが地球を守るために戦うという設定で人気を博した「超新星フラッシュマン」の劇場版作品。テレビシリーズの第15話〜第18話を再編集し、東映まんがまつりの一編として上映された作品だ。宇宙の殺し屋サー・カウラーによってピンチをむかえたフラッシュマンが、メカ、フラッシュタイタンの救援を得て、巨大獣戦士と壮烈な戦いを繰り広げる。巨大ロボ・タイタンボーイの活躍が大きな見せ場だ。視聴料金は210円/7日間となっている。

 また今回は、「超新星フラッシュマン」の主人公のレッドフラッシュ/ジン役を演じた垂水藤太のインタビューも同時に配信。「超新星フラッシュマン」の放映から20年たった今、当時の撮影の裏話やスタッフに関するエピソードなど思い出を存分に語っている。

 配信帯域は「東映特撮BB」が500kbps、1Mbpsの2帯域でReal Playerを使用。「東映特撮BBオンフレッツ」が3Mbps、1Mbpsの2帯域でWindows Media Playerを使用する。どちらとも月額525円(税込み)の会員登録が必要だ。

 また、東映製作のテレビシリーズから名作タイトルを集めて提供する「東映特撮BBアーカイブス」では、11月より「宇宙刑事シャイダー」全49話も配信。「宇宙刑事三部作」の第3作目にして完結編となる同作。それまでの宇宙刑事シリーズとは一転して、作品全体の根幹となるテーマは抑えられ、むしろ個々のエピソードのバラエティさを楽しむ構成が人気を呼んだ。シャイダーのパートナーとして森永奈緒美演じる女宇宙刑事・アニーが登場。後の「特撮ヒロイン」ブームの先駆けとなった作品だ。視聴料金は1話105円となっている。
《》

関連ニュース

特集

page top