アイピーモバイル、自己破産を申請〜負債9億円、免許交付期限についに間に合わず | RBB TODAY

アイピーモバイル、自己破産を申請〜負債9億円、免許交付期限についに間に合わず

エンタープライズ モバイルBIZ
 携帯電話事業への新規参入を目指した通信ベンチャー「アイピーモバイル」(資本金33億5000万円、東京都千代田区平河町2-7-4、代表杉村五男氏)が、本日30日に、東京地裁へ自己破産を申請した。申請代理人は近藤節男弁護士(千代田区丸の内2-4-1、電話03-5220-7738)他1名。負債は債権者約110名に対し約9億円。

 アイピーモバイルは、無線IP通信事業を目的として2002年11月に設立され、次世代通信規格であるTD−CDMA方式を利用したワイヤレス通信事業を行うべく、2005年11月にソフトバンクやイー・アクセスとともに総務省より特定(携帯電話)基地局開設計画の免許の交付を受け、携帯電話業界への新規参入を目指した。

 2006年10月のサービス開始に向けて営業準備を進めてきたが、事業計画の見直しや設備資金不足もあり延期せざるを得ず、何度かサービス開始を延期していた。今年4月には、設立以来当社の筆頭株主であったマルチメディア総合研究所から森トラストへ全株式が譲渡されたが、8月に米Next Wave Wireless LLC社が筆頭株主となった。

 しかしながら、9月には米Next Wave Wireless LLC社が反対売買のオプションを行使し森トラストに同条件で買い戻させたため、再び筆頭株主が森トラストへ戻るとともに、いったんは代表取締役社長を務めていた杉村五男氏が取締役会長へと退いた。ところが10月2日に開催した臨時株主総会で森トラストの保有株式が杉村五男氏へ譲渡され、杉村氏が社長へ復帰することが決議されるなど、経営陣の対立による不透明な迷走を続けていた。

 「免許交付から2年以内のサービス開始」という条件に従い、今年11月9日までにサービスを開始しなければならず、その動向が注目されていたが、これが困難となったため、10月30日、総務省に携帯事業の免許を返上、今回の措置となった。

 なお、30日現在の筆頭株主は杉村氏であり、それ以外の主要株主は以下のとおりだ。

株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社アイアイジェイテクノロジー
CSKプリンシパルズ株式会社
SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ株式会社 (旧(株)翔泳社)
楽天ストラテジックパートナーズ株式会社
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top