NTTアイティ、テレビ会議とWeb会議を相互接続できるゲートウェイソフトウェア | RBB TODAY

NTTアイティ、テレビ会議とWeb会議を相互接続できるゲートウェイソフトウェア

 NTTアイティは18日、テレビ会議・Web会議システム「Meeting Plaza」を相互に接続するためのソフトウェア「Meeting Plaza H.323ゲートウェイ」を発表した。

ブロードバンド その他
MeetingPlaza H.323ゲートウェイの利用例
  • MeetingPlaza H.323ゲートウェイの利用例
 NTTアイティは18日、テレビ会議・Web会議システム「Meeting Plaza」を相互に接続するためのソフトウェア「Meeting Plaza H.323ゲートウェイ」を発表した。販売は11月上旬が予定されている。価格は接続するMCUとテレビ会議端末の数によって異なり、4端末接続が100万円、8端末接続が140万円、16端末接続が220万円(いずれも税別)となっている。

 従来、Meeting Plazaによるテレビ会議とWeb会議は通信方式が異なるために相互接続ができなかったが、Meeting Plaza H.323ゲートウェイは双方の通信方式を実装することにより相互接続を可能とした。画素数はCIF(352×288ドット)で、最大7人までの同時発言に対応する。

 対応するMeeting Plazaのバージョンは、「Meeting Plaza電網会議室システム」V4.5以上。対応OSはWindows Server 2003 32bit版。

 同社では、本年度は100システムの販売を目標にするとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top