マイクロソフトとCitrixが、仮想化テクノロジの分野で提携を強化〜双方製品でVHDをサポート | RBB TODAY

マイクロソフトとCitrixが、仮想化テクノロジの分野で提携を強化〜双方製品でVHDをサポート

エンタープライズ その他

 マイクロソフトコーポレーションならびにCitrix Systems Inc.は米国時間11日に、サンフランシスコで開催中のVMWORLD 2007 CONFERENCEにおいて、仮想オペレーティングシステムおよび仮想アプリケーションのための共通実行環境を標準化するなどして、両社の長期的提携関係を強化していくと発表した。

 この提携強化により、Microsoft SoftGrid Application VirtualizationおよびMicrosoft Terminal Services、ならびにCitrix Presentation Server、Desktop Serverおよび仮想システムソリューションの将来バージョンにおいて、Microsoft Virtual Hard Disk(VHD)フォーマットがサポートされる見込み。マイクロソフトとCitrixはまた、新しい仮想化テクノロジや仮想化インフラストラクチャ管理ツールの分野でも協業を進め、相互運用性の確保とエンドユーザーによる管理作業の簡素化を目指す。

 マイクロソフトとCitrixは、これまで18年以上にわたって協業してきた関係だが、Microsoft Windows Server 2003やMicrosoft Internet Security and Acceleration Serverといったプラットフォーム上でCitrix WANScalerを稼働させることによって、ブランチオフィスのコンピュータ環境の簡素化を可能にするソリューションの開発なども、最近では共同で行っている。今回の発表は、こうした両社の提携関係をさらに拡大し、VHDに代表される仮想化技術を双方のソリューションに容易に組み込めるようにするためと見られる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top