ソニー、堅牢性に優れたフルHD対応の52V型液晶ディスプレイ——防塵仕様で半屋外での使用に最適 | RBB TODAY

ソニー、堅牢性に優れたフルHD対応の52V型液晶ディスプレイ——防塵仕様で半屋外での使用に最適

IT・デジタル ノートPC

GXD-L52H1
  • GXD-L52H1
 ソニーは30日、堅牢性を重視した業務用の52V型フルHD液晶ディスプレイ「GXD-L52H1」を発表。2008年1月15日発売。価格はオープンで、予想実売価格は650,000円前後。また、ディスプレイを電子広告などとして利用可能にするデジタルサイネージプレーヤー「VSP-NS7」も2008年1月15日に発売する。こちらの予想実売価格は300,000円前後。

 GXD-L52H1は、業務用として半屋外での使用も想定し、堅牢な外装設計を採用したフルHD対応の52V型液晶ディスプレイ。本体前面には金属を使用した丈夫なフレームベゼルを採用している。また、特殊な冷却方式を用い、本体内部に外気を取り込まないため、塵や埃を吸い込みにくい構造になっている。従来必要だった防塵対策用ケースが不要になるため、設置の柔軟性が高まっている。

 パネルは52V型フルHD液晶を採用。ディスプレイ前面に交換可能な液晶保護パネルを装備している。保護パネルにはAR(アンチリフレクション)コーティングを施し、外光の反射を抑えてクリアな映像を実現している。そのほか、本体はタテ/ヨコ設置に対応する。

 解像度は1,920×1,080ピクセル。表示色は10ビット。視野角は上下/左右178度。スピーカー出力は7W×2ch。インターフェースとして、HDMI/DVI-D/D-sub15ピンなどを装備。消費電力は約380W。本体サイズは幅1,281×高さ764×奥行き152mmで、重さは65kg。

 VSP-NS7は、HDDに記録した映像・音声などのコンテンツをネットワークを利用して発信するデジタルサイネージ専用プレーヤー。設定したスケジュールどおりにコンテンツをディスプレイに自動送信が可能だ。公共施設などでのビジュアル複合情報の発信や電子広告用途などで活用できる。

 VSP-NS7本体は、GXD-L52H1の背面に設置することができる。ディスプレイと一体化するため、省スペースを実現している。映像出力は、XGA/SXGA/WXGA/1,080pに対応している。

 HDD容量は60GB。対応ファイルは、動画がMPEG2/WMV、音声がWAVE/MP3/WMA、グラフィックスがBitmap/JPEG/Flash/URL。インターフェースとして、D-sub15ピン/D-sub9ピン×2/USB×4と、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応のEthernetなどを備える。本体サイズは幅282×高さ56×奥行き298mmで、重さは4kg。
《》

関連ニュース

特集

page top