三菱電機、日本語・英語・中国語に対応したPC操作ログ分析ソリューショ | RBB TODAY

三菱電機、日本語・英語・中国語に対応したPC操作ログ分析ソリューショ

エンタープライズ その他

システム構成図
  • システム構成図
  • ログ分析のサンプル画面
 三菱電機インフォメーションテクノロジーは、全世界の文字に対応したセキュリティログ分析ソリューション「LogAuditor for CWAT International」を9月3日に発売する。価格は5万ドルから。

 LogAuditor for CWAT Internationalは、企業内のPCの操作履歴を一元的に蓄積し、検索・分析が可能なソフトウェア「LogAuditor for CWAT」の国際化対応版。ユニコードに対応し、日本語・英語・中国語など複数の言語が混在する環境下での操作ログの蓄積・検索・分析が可能なほか、ログ分析テンプレートにより導入・分析を容易に判断できる。また、ISMSに準拠した適切なPDCAサイクルを実現し、1000万件を1秒で分析可能だ。

 対応OSは、ログ分析サーバソフトウェアがWindows Server 2003 R2 Standard/Enterprise Edition英語版・中国語版・日本語版、ログ分析クライアントソフトウェアがWindows XP Professional英語版・中国語版・日本語版。

 同社では、LogAuditorシリーズ全体で年間100システムの販売を目指すとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top