ソニー、ぶどう糖で発電する「バイオ電池」を開発——ウォークマンの音楽再生も成功 | RBB TODAY

ソニー、ぶどう糖で発電する「バイオ電池」を開発——ウォークマンの音楽再生も成功

IT・デジタル その他

試作品のバイオ電池4個(左)でウォークマンを再生
  • 試作品のバイオ電池4個(左)でウォークマンを再生
 ソニーは、ぶどう糖から電気エネルギーを取り出して発電するバイオ電池を開発したと発表。同電池はパッシブ型としては世界最高出力の50mWを達成した。

 今回開発されたバイオ電池は試作品。ぶどう糖溶液と酸素などを反応させる物質を自然拡散で電極に取り込むパッシブ型を採用したことで、コンパクトサイズを実現。1辺39 mmのキューブ状のバイオ電池1ユニット当たり50mWの電気を出力する。

 同電池を直列に接続することでメモリータイプのウォークマン「NW-E407」とパッシブ型スピーカーをバイオ電池の電源のみで動作させることに成功した。

 バイオ電池の筐体には、植物原料プラスチック製で、細胞をイメージしたデザインとなっている。
《》

関連ニュース

特集

page top