「Windows Server 2008」「SQL Server 2008」「Visual Studio 2008」発表イベントのスケジュールが明らかに〜2008年4月15日開催 | RBB TODAY

「Windows Server 2008」「SQL Server 2008」「Visual Studio 2008」発表イベントのスケジュールが明らかに〜2008年4月15日開催

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは8月21日に、次期サーバオペレーティングシステム「Windows Server 2008」、次期データベース製品「SQL Server 2008」、次期統合開発環境「Visual Studio 2008」の3製品の日本語版について、発表イベントのスケジュールを発表した。

 業界各社とともに実施する発表イベント(マイクロソフト主催カンファレンス)として、2008年4月15日(火)に「the Microsoft Conference 2008」を開催し、業界パートナー企業各社との連携、ソリューション提供などに関して発表する。3製品に関する今後の開発、評価用ベータ版の提供や各種施策に関するスケジュールを積極的に公開することにより、業界パートナー企業各社がこれら3製品へ対応したソリューションを提供できるよう支援するのが目的だ。「the Microsoft Conference 2008」は4月15日・16日の2日間、ザ・プリンスパークタワー東京にて開催される予定。同イベント以降も、開発者を含むITエンジニアや営業担当者向けのトレーニングなどの支援活動を順次実施する予定とのこと。

 現在の予定では、「Windows Server 2008」は、2007年第3四半期中に出荷候補(RC)版による広範囲なテストを行い、2007年中の開発終了を予定している。また、Windows Server VirtualizationはWindows Server 2008の開発終了後から180日以内に提供開始となる。「SQL Server 2008」は、「SQL Server 2008 Community Technology Preview 10月版」が2007年10月上旬より提供開始の予定。「Visual Studio 2008」は、2007年末から2008年 第一四半期の完成を目指して開発が行われており、「Visual Studio 2008 Beta 2 日本語版」が8月10日より提供されている。本日8月21日から「Visual Studio 2008 Express Edition Beta 2 日本語版」のWebでの提供も開始された。

 なお各製品の販売開始日・出荷時期などは、決定次第、適宜発表されるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top