松下、「VIERA」シリーズにフルHD対応のプラズマ/液晶の計7モデルを追加 | RBB TODAY

松下、「VIERA」シリーズにフルHD対応のプラズマ/液晶の計7モデルを追加

IT・デジタル テレビ

「VIERA」の最上位シリーズ「PZ750」の4モデル
  • 「VIERA」の最上位シリーズ「PZ750」の4モデル
  • 「VIERA」のスタンダードシリーズ「PZ70」の2モデル
  • TH-37LZ75
  • SC-HTR500-K
  • SC-HTR100-K
 松下電器産業は9日、高画質テレビブランド「VIERA」シリーズにプラズマテレビ6モデル、液晶テレビ1モデルを追加すると発表。そのほか、テレビと接続するオーディオシステムの3.1chラックシアター2モデルも合わせ、9月1日に一斉発売する。

 追加されるプラズマテレビの内訳は、VIERAの最上位シリーズ「PZ750」で65V型/58V型/50V型/42V型の4モデルと、スタンダードシリーズ「PZ70」で50V型/42V型の2モデルの計6モデル。今回、新開発のフルハイビジョンプラズマパネルを搭載し、10,000:1のコントラスト、900本以上の動画解像度、広い視野角、約10万時間のパネル寿命を実現。解像度は1,920×1,080ピクセル。地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵する。

 PZ750の4モデルでは以上のような画像機能に加え、3ウェイ6スピーカーを搭載したことで、ダイナミックなステレオサウンドが聴ける。また、VOD(ビデオオンデマンド)の映像配信サービス「アクトビラ ビデオ」に対応するほか、ドアホンの来客画像をテレビ画面で確認できる機能も加わっている。

 液晶テレビを含む全7モデルのインターフェースは、HDMI/D4/モジュラー端子(電話回線)2,400bps/Ethernetなど。

 プラズマテレビ6モデルのスペックは以下の通り。

●TH-65PZ750SK
・パネル:65V型フルHDプラズマ
・スピーカーシステム
 ツイーター:1.7×7.3cm×2 
 スコーカー:2.3×10cm×2
 ウーハー:10cm×2
・本体サイズ:幅1,609×高さ998×奥行き101mm
・重さ:82kg
・予想実売価格:990,000円前後

●TH-58PZ750SK
・パネル:58V型フルHDプラズマ
・スピーカーシステム
 ツイーター:1.7×7.3cm×2
 スコーカー:2.3×10cm×2
 ウーハー:8cm×2
・本体サイズ:幅1,454×高さ918×奥行き101mm
・重さ:64kg
・予想実売価格:700,000円前後

●TH-50PZ750SK
・パネル:50V型フルHDプラズマ
・スピーカーシステム
 ツイーター:1.7×7.3cm×2 
 スコーカー:2.3×10cm×2
  ウーハー:8cm×2
・本体サイズ:幅1,266×高さ802×奥行き97mm
・重さ:47kg
・予想実売価格:530,000円前後

●TH-42PZ750SK
・パネル:42V型フルHDプラズマ
・スピーカーシステム
 ツイーター:1.7×7.3cm×2 
 スコーカー:2.3×10cm×2
 ウーハー:8cm×2
・本体サイズ:幅1,077×高さ689×奥行き113mm
・重さ:36kg
・予想実売価格:430,000円前後

●TH-50PZ70
・パネル:50V型フルHDプラズマ
・スピーカーシステム
 フルレンジ12×6cm×2
・本体サイズ:幅1,210×高さ818×奥行き94mm
・重さ:42kg
・予想実売価格:450,000円前後

●TH-42PZ70
・パネル:42V型フルHDプラズマ
・スピーカーシステム
 フルレンジ12×6cm×2
・本体サイズ:幅1,020×高さ705×奥行き111mm
・重さ:33kg
・予想実売価格:350,000円前後

 液晶テレビ「TH-37LZ75」は「フルハイビジョン IPSαパネル」や「フルハイビジョン Wスピード」を搭載し、通常では映像コマ数を1秒間に60コマ表示するところを2倍の120コマに増やし、600本以上の高い動画解像度を実現。さらに、映像シーンごとの特徴に応じて、コントラストを調整する「フルハイビジョン WコントラストAI」を搭載する。

 解像度は1,920×1,080ピクセル。画面サイズは37V型。スピーカーシステムはフルレンジ12×6cm×2。本体サイズは幅913×高さ635×奥行き115mm。重さは22kg。予想実売価格は300,000円前後。

 3.1chラックシアターの2モデル「SC-HTR500-K」「SC-HTR100-K」は、ともに「ビエラリンク」に対応。現行モデル同様「振動キラー」サブウーハーと前面ガラス扉を採用し、ラック内のホコリも溜まりにくい構造を採用している。

 SC-HTR500-Kの天板には天然木の突板を使い、表面部分は光沢塗装で高級感を出している。また、Blu-ray Discに収録されている5.1chや7.1chリニアPCMの音声入力に対応。別売りのワイヤレスリアスピーカーキットの装着にも対応する。さらに、フロントとセンターのスピーカーユニットの振動板に竹繊維を採用。信号に対し忠実に振動することができ、音の再生力を高めた。

 SC-HTR500-KとSC-HTR100-Kの接続端子は、光デジタル入力×2/同軸デジタル入力/HDMI入出力など。

●SC-HTR500-K
・スピーカーシステム
 フロント部:8cmコーン/6cmコーン
 センター部:8cmコーン×2/6cmコーン
 サブウーハー部:13cmコーン×2
・本体サイズ:幅1,620×高さ406×奥行き458mm
・重さ:65kg
・予想実売価格:200,000円前後

●SC-HTR100-K
・スピーカーシステム
 フロント・センター部:6.5cmハイブリット2ウェイコーン×3
 サブウーハー部:13cmコーン×2
・本体サイズ:幅920×高さ400×奥行き458mm
・重さ:37.5kg
・予想実売価格:80,000円前後
《》

関連ニュース

特集

page top