学研、村上ファンドの元ファンドマネージャが筆頭株主に | RBB TODAY

学研、村上ファンドの元ファンドマネージャが筆頭株主に

ブロードバンド その他

 8月3日、学習研究社(学研)は 、エフィッシモ キャピタル マネージメント ピーティーイーLtd.より大量保有報告書が関東財務局に提出されたことにより筆頭株主に異動があったことを発表した。

 学研側の発表によると、8月1日付けでエフィッシモ キャピタル マネージメント ピーティーイー(以下エフィッシモ)から大量保有報告書が関東財務局に提出され、7月25日に主要株主となり、7月30日に筆頭株主になっているとしている。

 この異動により、これまで筆頭株主だった財団法人古岡奨学会は第2位の主要株主となっている。それぞれの議決権の割合は、第1位のエフィッシモが13.41%、第2位の古岡奨学会が13.20%となっている。報告書によるとエフィッシモが学研の株を保有する目的は「純投資(投資一任契約に基づく顧客資産運用)」と記載されているという。

 ただ、学研は、この異動は大量保有報告書、同変更報告書によるものとし、実際にエフィッシモ名義の株式数を確認したわけでなない。

 エフィッシモも本店所在地はシンガポールであり、代表者の高坂卓志氏は、村上ファンドが運営していたMACアセットマネジメントのファンドマネージャだった人物でもある。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top