日本HP、降り積もる雪がモチーフの「雪景」採用ノートPC、限定1,000台 | RBB TODAY

日本HP、降り積もる雪がモチーフの「雪景」採用ノートPC、限定1,000台

IT・デジタル ノートPC

dv6500/CT Special Edition
  • dv6500/CT Special Edition
  • 天板を開けたところ
  • パームレストにも同デザインが施されている
  • 天板部分
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は11日、個人ユーザー向けのノートPC「HP Pavilion」に新デザインの限定モデル「dv6500/CT Special Edition」を追加した。同社直販サイトなどで本日販売開始。価格は119,700円から。

 dv6500/CT Special Editionは、dv6500/CTをベースにしたノートPCで、和のテイストを取り込んだ「ZEN-design」シリーズの第3弾にあたる新デザイン「ZEN-design sekkei(雪景)」を採用。1,000台のみの限定生産となる。
 
 ZEN-designシリーズはこれまでに「samon(砂紋)」「shizuku(雫)」の2つがリリースされている。今回のsekkeiは、降り積もる雪をモチーフにしたデザインとなっている。天板はこれまでのモデル同様、「HP Imprint」と呼ばれる処理により作られており、傷が付きにくい。

 基本構成での主要スペックは、CPUがCore 2 Duo T7100(1.8GHz)、メモリが1GB(最大2GB)、HDDが80GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。グラフィックスはモバイル インテル GM965 Expressチップセット内蔵で、カスタマイズにより GeForce 8400M GSを選択可能。液晶ディスプレイは15.4型ワイドで、最大解像度は1,280×800ピクセル(WXGA)。IEEE802.11a/b/g対応の無線LANとBluetooth2.0を内蔵するほか、ウェブカメラを標準搭載する。インターフェースはUSB2.0×3/HDMI(GeForce8400M GS選択時のみ)/IEEE1394(4ピン)/ミニD-sub15ピン/Sビデオなどを備える。OSはWindows Vista Home Premiumで、カスタマイズによりOffice Parsonal 2007をバンドルできるほか、HDD容量やCPUの変更も可能。
 
 本体サイズは幅357×高さ41×奥行き257mm、重さは2.86kg(標準バッテリ含む)。標準の6セルバッテリで、約3時間駆動。
《小林聖》

関連ニュース

特集

page top