Silverlightの日本語デモサイトが見られる!——マイクロソフト、Microsoft Silverlightの日本語サイトを紹介 | RBB TODAY

Silverlightの日本語デモサイトが見られる!——マイクロソフト、Microsoft Silverlightの日本語サイトを紹介

 マイクロソフトは14日、『Microsoft Expression Studio』の発売とあわせて、Webブラウザによる新たなメディア体験を提供するプラグイン『Microsoft Silverlight』を紹介し、日本語デモンストレーションサイトを公開した。

ブロードバンド その他
マイクロソフト株式会社 デベロッパービジネス部 シニアプロダクトマネージャー 春日井良隆氏
  • マイクロソフト株式会社 デベロッパービジネス部 シニアプロダクトマネージャー 春日井良隆氏
  • 映画会社のページにHD動画プレーヤーを実装
  • ムネイルをクリックして任意の動画を呼び出せる
  • 動画を片隅に対比させて広告を表示する
  • ページをめくる感覚を再現
  • NRIネットワークコミュニケーションズ株式会社の松岡清一氏
  • 従来の技術で制作した動画サイト
  • 『Microsoft Silverlight』を使ったテストサイト
 マイクロソフトは14日、『Microsoft Expression Studio』の発売とあわせて、Webブラウザによる新たなメディア体験を提供するプラグイン『Microsoft Silverlight』を紹介し、日本語デモンストレーションサイトを公開した。『Microsoft Silverlight』は.netを基盤とし、HD DVDやBlue-rayの動画圧縮再生技術であるVC-1に対応するマルチメディアプレーヤー。Windows Media Videoとも互換性をもつほか、フルスクリーンHD映像からモバイル端末まで、幅広いクライアントでインタラクティブな動画配信が可能になる。

 『Microsoft Silverlight』はFlashなどと同様なプラグイン方式で提供されるため、コンテンツを再生する場合は、無料でMicrosoft SilverlightプラグインをダウンロードしてWebブラウザに組み込む。プラグインはInternet Explorerだけではなく、Firefox、Safariなど多様なWebブラウザに対応し、WindowsとMachintoshの両方で再生可能だ。Microsoft PlayReady と名づけられたデジタル著作権管理機能も用意され、配信された動画の不正使用を防止できる。

 開発言語としてJavascript、Visual Basic、C#、Python、Rubyをサポートする予定。マイクロソフトは開発環境として『Microsoft Expression Studio』、『Visual Studio 2008』を用意する。なお、Microsoft Silverlightはまだベータ版であり仕様が確定していない。そのため現行の『Microsoft Expression Studio』ではMicrosoft Silverlightの全ての機能を保証できない。Microsoft Silverlight向け開発環境としては『Visual Studio 2008』が完全対応となり、『Microsoft Expression Studio』はサービスパックで対応する。

 現在、『Microsoft Silverlight』アプリケーションを配布可能なgo-liveライセンスが含まれたベータ版が提供されている。正式版1.0は2007年夏にリリースする予定で、この時までにXAMLとJavascriptに対応する。また、apacheやPHPなど既存のWebサイト環境やXHTML、AJAXなどのクライアントテクノロジーとも連動する。バージョン1.1は現在アルファ版が提供されており、このバージョンで『Microsoft Silverlight』が予定したコンセプトどおりの仕様となる。1.1ではクロスプラットフォーム環境に対応した強力なデバッグ機能も追加される見込み。将来的にはモバイルデバイスにも対応する。

 デモンストレーションでは映画会社のWebサイトで高画質なプロモーションビデオを再生した。動画再生中にメニューを呼び出すと、さまざまな映画タイトルへ簡単に切り替えられる。

 また、動画を使ったジグソーパズル、動画にテロップや広告情報をオーバーレイさせるデモも行われた。静止画の加工により、半透明の本をマウスでめくるという動作については、本を読む感覚をかなり正確に、気持ちよく再現できたという。

 最後に、実際のWeb開発現場からの体験談として、NRIネットワークコミュニケーションズ株式会社の松岡清一氏が登壇した。松岡氏は自身が手がける少年サッカーのWebサイトに『Microsoft Silverlight』を導入したサンプルを紹介した。

 「従来、Webサイトに組み込む動画のサイズは限られているが、『Microsoft Silverlight』ではもっと大きな動画を配信できる」とし、少年サッカー大会でHD映像を公開した場合に、「これからは大きな画像で選手の顔がちゃんと見えるので保護者が喜ぶ」、「動画の任意の位置に閲覧者がインデックスをつけて、リンクとして紹介できる」、「著作権管理対策があるため、子供の映像を不正に使われる必要がない。配信にかかる製作コストを低減できる」とメリットを強調した。
《杉山淳一》

関連ニュース

特集

page top