マイクロソフト、CPUの仮想化技術をサポートした「Virtual Server 2005 R2 Service Pack 1日本語版」を提供開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、CPUの仮想化技術をサポートした「Virtual Server 2005 R2 Service Pack 1日本語版」を提供開始

 マイクロソフトは12日、「Windows Server 2003」上で仮想的なハードウェア環境を実現する「Virtual Server 2005 R2 Service Pack 1 日本語版」の無償提供を開始した。

ブロードバンド その他
 マイクロソフトは12日、「Windows Server 2003」上で仮想的なハードウェア環境を実現する「Virtual Server 2005 R2 Service Pack 1 日本語版」の無償提供を開始した。入手方法はWebサイトからのダウンロードと、7月5日から行われるCD-ROMオーダー(1,050円)となっている。

 今回のSP1では、ゲストOSとして新たに「Windows Server 2008(x86版)」および「Windows Vista」をサポート。また、CPUに搭載された仮想化技術である「AMD Virtualization(AMD-V)」「Intel Virtualization Technology(Intel VT)」をサポートし、より安定した仮想化環境をゲストOSに提供するとしている。

 同社では今回のSP1により、「ゲストOSとしてのWindows Server 2008サポートを通して、現在広範囲に実施しているWindows Server β3の評価、検証作業を推進します」と発表している。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top