パイオニア、HDMI ver.1.3a搭載の中級価格帯AVアンプ2製品 | RBB TODAY

パイオニア、HDMI ver.1.3a搭載の中級価格帯AVアンプ2製品

 パイオニアは11日、最先端のHDMI ver.1.3aを装備する中級価格帯のAVマルチチャンネルアンプ「VSA-AX1AH」および「VSA-1017AV」の2製品を発表した。価格はVSA-AX1AHが140,000円で6月下旬発売、VSA-1017AVが94,000円で7月中旬発売。

IT・デジタル その他
VSA-AX1AH(リモコン付属)
  • VSA-AX1AH(リモコン付属)
  • VSA-1017AV(リモコン付属)
 パイオニアは11日、最先端のHDMI ver.1.3aを装備する中級価格帯のAVマルチチャンネルアンプ「VSA-AX1AH」および「VSA-1017AV」の2製品を発表した。価格はVSA-AX1AHが140,000円で6月下旬発売、VSA-1017AVが94,000円で7月中旬発売。

 2製品はいずれも、最先端のインターフェースであるHDMI ver.1.3a入出力端子を装備するAVアンプ。1,080pまでのフルHD映像をディスプレイへデジタル伝送が可能で、D4/コンポーネント/Sビデオ/コンポジット端子からの信号をHDMI端子に変換して出力ができるデジタルビデオコンバーターを搭載する。また、上位機種であるVSA-AX1AHはドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオなど最新のデジタル音声フォーマットに対応したデコーダーを搭載しており、Blu-ray DiscやHD DVDに収録される次世代サラウンドへの完全対応を図っている。

 フロントパネルにはUSB入力端子(TypeA、Ver.2.0Full Speed)を装備しており、USBメモリやデジタルオーディオプレーヤーを接続することでMP3をはじめとする音声圧縮ファイルの再生が可能。また、iPod入力端子も装備しており、楽曲の再生、付属リモコンでのコントロール、FLディスプレイへの情報表示、OSD(On Screen Display)機能を使ってテレビ画面への情報表示、充電が可能となっている。また、2製品共通の仕様として、マルチチャンネル再生時の低音のズレを解消する独自技術「フェイズコントロール」や、各スピーカー音圧レベルや周波数特性などの自動調整に、時間軸の補正を加えるという3次元自動音場補正システム「Advanced MCACC」を搭載。そのほか、ローインピーダンス化とモジュールの最小化により、音質に有害な不要輻射を低減するという、新開発のオーディオ技術「ダイレクト エナジー パワー エンジン」をパワーアンプに採用するなど、音質の向上を図っている。

 VSA-AX1AHの実用最大出力は全chそれぞれ180W(フロントLR、センター、サラウンドLR、サラウンドバックLR)で、定格出力は110W+110W(20Hz〜20kHz、0.09%、8Ω)。消費電力は345Wで、待機電力は0.65W。インターフェースはHDMI入力×2(音声再生可能)/出力×1、RS232C×1など。

 VSA-1017AVの実用最大出力は全chそれぞれ170W(フロントLR、センター、サラウンドLR、サラウンドバックLR)で、定格出力は100W+100W(20Hz〜20kHz、0.09%、8Ω)。消費電力は335Wで、待機電力は0.5W。インターフェースはHDMI入力×2(スイッチ)/出力×1など。

 そのほか、2製品共通のスペックとして、周波数特性が5Hz〜100kHz(+0dB/−3dB)で、ライン入力SN比は103dB(IHF-A)。音声入力は同軸デジタル×2/光デジタル×4(内1系統はフロント入力用)/アナログ×8(AV系×5/オーディオ×3)で、映像入力はコンポジット×5/S映像×5/コンポーネント×3/D4×2、音声出力はプリアウト(7.1ch)×1/光デジタル×1/アナログ×3(AV系×2/オーディオ×1)で、映像出力はコンポジット×3/S映像×3/コンポーネント×1/D4×1、そのほかSR入出力×1といったインターフェースを揃える。本体サイズは幅420×高さ173×奥行き465mmで、重さは15.3kg。
《》

関連ニュース

特集

page top