富士フイルム、コンパクトデジカメ「FinePix」に新モデル——有効903万画素で光学4倍ズームを搭載 | RBB TODAY

富士フイルム、コンパクトデジカメ「FinePix」に新モデル——有効903万画素で光学4倍ズームを搭載

IT・デジタル デジカメ

 富士フイルムは5日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」シリーズの新モデルを発表。「FinePix A900」で、6月23日発売。価格はオープンで、予想実売価格は25,000円前後。
  •  富士フイルムは5日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」シリーズの新モデルを発表。「FinePix A900」で、6月23日発売。価格はオープンで、予想実売価格は25,000円前後。
  •  富士フイルムは5日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」シリーズの新モデルを発表。「FinePix A900」で、6月23日発売。価格はオープンで、予想実売価格は25,000円前後。
 富士フイルムは5日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」シリーズの新モデルを発表。「FinePix A900」で、6月23日発売。価格はオープンで、予想実売価格は25,000円前後。

 FinePix A900は、撮像素子に1/1.6型スーパーCCDハニカムHRを搭載し、同社製コンパクトデジタルカメラでは最高となる有効903万画素を実現した。また、フジノン光学式4倍ズームレンズを搭載。デジタルズームとの併用で、最大30.4倍までズームが可能だ。

 撮影機能としては、シーンに最適な発光量と感度を自動で調整する「iフラッシュ」を搭載。薄暗い室内での撮影でも、人物の白とびや背景の黒つぶれを防ぐ。最高感度はISO800で、手ブレ・被写体ブレに強い「ブレ軽減モード」を備える。また、AUTOに加えて、14種類の撮影モードを搭載。フラッシュを使わずに赤ちゃんの肌を自然に撮影できる「ベビー」や、動いている被写体の撮影に適した「スポーツ」、ほかにも「夜景」や「人物」などのモードが用意されている。親指だけで操作が行える「モードダイヤル」を搭載しているため、撮影モードの選択も簡単に行える。動画機能としては、30フレーム/秒の撮影が可能。

 そのほか、高速赤外線通信「IrSimple/IrSS」に対応するため、同社製携帯プリンタ「Pivi」などにワイヤレスで画像の転送が可能。また、デュアルスロットを搭載するため、記録メディアはSDメモリーカードとxD-ピクチャーカードに対応する。

 レンズの焦点距離は35mm判換算で39〜156mm。開放F値はF2.9〜6.3。内蔵メモリは10MB。ディスプレイは2.5型液晶。バッテリーは単3形電池2本を使用。付属のアルカリ乾電池の使用で約100枚、別売りのニッケル水素電池の使用で約350枚の撮影が可能。本体サイズは幅97.3×高さ61.7×奥行き32.1mm。バッテリーやメモリーカードを含まない重さは156g。
《》

特集

page top