カシオ、コンパクトデジカメ「EXLIM ZOOM」に1,210万画素の最上位モデル | RBB TODAY

カシオ、コンパクトデジカメ「EXLIM ZOOM」に1,210万画素の最上位モデル

IT・デジタル デジカメ
 カシオ計算機は30日、コンパクトデジタルカメラ「EXLIM ZOOM」シリーズの最上位モデルとして「EX-Z1200」を発表した。発売はシルバーモデルが6月8日で、ブラックモデルが6月15日。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。
  •  カシオ計算機は30日、コンパクトデジタルカメラ「EXLIM ZOOM」シリーズの最上位モデルとして「EX-Z1200」を発表した。発売はシルバーモデルが6月8日で、ブラックモデルが6月15日。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。
  •  カシオ計算機は30日、コンパクトデジタルカメラ「EXLIM ZOOM」シリーズの最上位モデルとして「EX-Z1200」を発表した。発売はシルバーモデルが6月8日で、ブラックモデルが6月15日。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。
 カシオ計算機は30日、コンパクトデジタルカメラ「EXLIM ZOOM」シリーズの最上位モデルとして「EX-Z1200」を発表した。発売はシルバーモデルが6月8日で、ブラックモデルが6月15日。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

 EX-Z1200は「EX-Z1000」のデザインを継承したデジタルカメラ。従来モデルからさらに高画質を目指し、有効画素数を1,010万から1,210万画素に向上させている。
 
 CCDシフト方式の手ブレ補正に加え、画像処理モジュール「EXLIMエンジン2.0」を搭載。動く被写体の速度や方向を解析して、ISO感度やシャッタースピードを調整することでブレを防ぐ。また、新たに加えられた顔認識機能は沖電気の画像処理エンジン「FSE(Face Sensing Engine)」を採用。自動追尾AFと組み合わせることで、動いている人の顔にピントや露出を合わせ続けることが可能だ。そのほか、人間の肌や空に検出したノイズを重点的に除去する機能も備えている。
 
 1.6秒間隔の通常連写に加え、最大3枚/秒の高速連写とフラッシュ連写機能を搭載する。起動時間は約1.7秒。
 
 ズームは光学3倍にデジタル4倍。開放F値はF2.8〜5.4で、焦点距離は7.9〜23.7mm(35mm換算で37〜111mm)。ブレ軽減でISO800、高感度モードでISO1,600まで選択可能。
 
 最大輝度1,400cd/m2の背面液晶は960×240ピクセルの2.8型ワイドを採用。内蔵メモリは11.4MBで、対応メディアはSDHC/SDメモリーカードとMMC/MMC plus。最大848×480ピクセルでの動画撮影も可能。付属のリチウムイオン充電池フル充電状態で、約340枚の静止画が撮影できるという(CIPA規格準拠)。本体サイズは幅93.3×高さ58.5×奥行き22.4mmで、重さは152g(バッテリーなど含まず)。
《小林聖》

特集

page top