オンキヨー、世界初! 最先端HDMI ver.1.3aを搭載したAVセンター——次世代サラウンド音声に対応 | RBB TODAY

オンキヨー、世界初! 最先端HDMI ver.1.3aを搭載したAVセンター——次世代サラウンド音声に対応

IT・デジタル その他
 オンキヨーは25日、最先端のインターフェースであるHDMI ver.1.3aを備えたAVセンター2モデルを発表。「TX-SA805」と「TX-SA605」で、6月16日発売。価格はそれぞれ189,000円、84,000円。
  •  オンキヨーは25日、最先端のインターフェースであるHDMI ver.1.3aを備えたAVセンター2モデルを発表。「TX-SA805」と「TX-SA605」で、6月16日発売。価格はそれぞれ189,000円、84,000円。
  •  オンキヨーは25日、最先端のインターフェースであるHDMI ver.1.3aを備えたAVセンター2モデルを発表。「TX-SA805」と「TX-SA605」で、6月16日発売。価格はそれぞれ189,000円、84,000円。
  •  オンキヨーは25日、最先端のインターフェースであるHDMI ver.1.3aを備えたAVセンター2モデルを発表。「TX-SA805」と「TX-SA605」で、6月16日発売。価格はそれぞれ189,000円、84,000円。
  •  オンキヨーは25日、最先端のインターフェースであるHDMI ver.1.3aを備えたAVセンター2モデルを発表。「TX-SA805」と「TX-SA605」で、6月16日発売。価格はそれぞれ189,000円、84,000円。
 オンキヨーは25日、最先端のインターフェースであるHDMI ver.1.3aを備えたAVセンター2モデルを発表。「TX-SA805」と「TX-SA605」で、6月16日発売。価格はそれぞれ189,000円、84,000円。

 2モデルともに、ドルビーデジタルプラス/ドルビーTrueHD、DTS-HDハイレゾリューションオーディオ/DTS-HDマスターオーディオ対応のデコーダーを搭載。Blu-ray DiscやHD DVDに収録される次世代サラウンドへの完全対応を図っている。さらに、1,080pのフルHD映像や次世代サラウンド音声も伝送できる最先端のHDMI ver.1.3aを世界で初めて搭載した。従来できなかったドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオのロスレス音声データをビットストリーム伝送できる。

 そのほか、他社のTV製品やDVDレコーダーなどのHDMI搭載機器と、テレビのリモコン1つで電源連動などの動作がシステム的にリンクする機能を備える。ノイズへの対処としては、新たに独自開発したファンスタッドを採用することで、冷却ファンの振動から発生するノイズを低減させている。

 TX-SA805は、次世代ディスクの音声に対応するため、従来機器から構造を一新した。従来では困難だとされてきたプリアンプ/パワーアンプ部の独立構造を実現。電源部とパワー部の経路を最短化することで、電力供給能力を大幅に向上させたという。

 入力端子にはHDMI×3/D端子×3/コンポーネント端子×3/Sビデオ端子×6/コンポジット端子×6/デジタル×6(光×3/同軸×3)/アナログ×11、出力端子にはHDMI×1/D端子×1/コンポーネント端子×1/Sビデオ端子×2/コンポジット端子×2/デジタル×1/アナログ×3を備える。定格出力は全チャンネル180W。最大出力は全チャンネル230W。周波数特性は5Hz〜100kHz。SN比は110dB。本体サイズは幅435×高さ194×奥行き458.5mm。重さは23kg。

 TX-SA605の入力端子にはHDMI×2/D端子×3/コンポーネント端子×3/Sビデオ端子×5/コンポジット端子×5/デジタル×5(光×3/同軸×2)/アナログ×8、出力端子にはHDMI×1/D端子×1/コンポーネント端子×1/Sビデオ端子×2/コンポジット端子×2/デジタル×1/アナログ×3を備える。定格出力は全チャンネル120W。最大出力は185W。周波数特性は5Hz〜100kHz。SN比は106dB。本体サイズは幅435×高さ174×奥行き377mm。重さは12.1kg。カラーはゴールドとシルバーの2種類。
《》

特集

page top