東芝、Core 2 Duo搭載15.4型ワイド液晶法人向けスタンダードノートPC | RBB TODAY

東芝、Core 2 Duo搭載15.4型ワイド液晶法人向けスタンダードノートPC

IT・デジタル ノートPC

dynabook Satellite T30
  • dynabook Satellite T30
 東芝は17日、15.4型ワイド液晶搭載の法人向けスタンダードノートPC「dynabook Satellite T30」シリーズを発表した。Core 2 Duo搭載「T30 166E/5W」とCeleron M搭載「T30 166C/5W」の2モデル。基本構成価格は166E/5Wが197,400円、166C/5Wが171,150円で、6月下旬発売。

 同シリーズは、解像度1,280×800ピクセルの15.4型ワイド液晶を搭載したノートPC。5,400回転/分のSATA対応HDDを搭載する。166E/5WはCore 2 Duo T5500(1.66GHz)を搭載するモデルで、チップセットは945GM Expressを採用。160C/5WはCeleron M 520(1.60GHz)を搭載するモデルで、チップセットは943GML Expressを採用する。いずれも基本構成の主な仕様は、HDDが80GBで、メモリは512GB。DVD-ROM/CD-RWコンボドライブを搭載する。BTOに対応し、メモリや光学式ドライブ、無線LANの有無などの選択が可能。OSはWindows Vista BusinessおよびWindows XP Professionalの2つが用意される。

 そのほかの仕様として、インターフェースはミニD−Sub-15ピン×1、USB2.0×4、RJ-45×1、S映像×1、Type2 PCカードスロットなど。本体サイズは幅362×高さ33.5(〜39.3)×奥行き267.8mmで、重さは2.8kg。
《》

関連ニュース

特集

page top