XPとServer 2003でWindows Updateが失敗、または正常に完了しない不具合 | RBB TODAY

XPとServer 2003でWindows Updateが失敗、または正常に完了しない不具合

ブロードバンド その他
 マイクロソフトは11日、Microsoft Windows XP、およびMicrosoft Windows Server 2003において、Windows Update、Microsoft Update、または自動更新の不具合が発生していると発表した。

 発表によると、不具合の内容は以下の2点だ。

・エラーコード0x8DDD0009が表示され、Microsoft Updateに失敗する。
・コンピュータの負荷が高くなり、長時間Microsoft Updateが完了しない。[タスク マネージャ] でパフォーマンスを確認すると、CPU 使用率が高い状態になっている。

 同社では、「更新プログラム927891」、および「Windows Update Agent 3.0」の2つの更新プログラムを「サポート技術情報」ページより入手し、それぞれインストールすることによりこの問題を回避できるとしている。

 影響を受けるXP、およびServer 2003のバージョンは以下のとおり。

● Microsoft Windows Server 2003
Enterprise Edition(32-bit x86)
x64 Edition
Enterprise Edition for Itanium-based Systems
Datacenter Edition(32-bit x86)
Datacenter x64 Edition
Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
Standard Edition(32-bit x86)
Standard x64 Edition

● Microsoft Windows XP
Home Edition
Professional
Media Center Edition 2002
Tablet PC Edition
Professional x64 Edition
《富永ジュン》

特集

page top