マイクロソフト、2007年5月の月例セキュリティパッチは緊急が7件 | RBB TODAY

マイクロソフト、2007年5月の月例セキュリティパッチは緊急が7件

 マイクロソフトは9日、2007年5月のセキュリティ情報として深刻度「緊急」のセキュリティ更新プログラムを7件発表した。

エンタープライズ その他
 マイクロソフトは9日、2007年5月のセキュリティ情報として深刻度「緊急」のセキュリティ更新プログラムを7件発表した。

 発表されたセキュリティ更新プログラムは以下の通り。Microsoft Officeに影響するものが3件、Internet Explorerに影響するものが1件あるため、早めのセキュリティ更新プログラム適用が望ましいだろう。

● MS07-023 Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (934233)
影響を受けるソフトウェア:Office

● MS07-024 Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される (934232)
影響を受けるソフトウェア:Office

● MS07-025 Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (934873)
影響を受けるソフトウェア:Office

● MS07-026 Microsoft Exchange の脆弱性により、リモートでコードが実行される (931832)
影響を受けるソフトウェア:Exchange

● MS07-027 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (931768)
影響を受けるソフトウェア:Windows、Internet Explorer

● MS07-028 CAPICOM の脆弱性により、リモートでコードが実行される (931906)
影響を受けるソフトウェア:CAPICOM、BizTalk

● MS07-029 Windows DNS の RPC インターフェイスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (935966)
影響を受けるソフトウェア:Windows
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top