J:COM、ホームモニタリングサービス「安心見守りサービス(仮称)」を6月から開始 | RBB TODAY

J:COM、ホームモニタリングサービス「安心見守りサービス(仮称)」を6月から開始

ブロードバンド その他

 ジュピターテレコム(J:COM)は26日、J:COM NET(プレミアまたはハイグレード)を契約するユーザを対象に、IPカメラでのホームモニタリングサービスを基本とした「安心見守りサービス(仮称)」の提供を6月より開始すると発表した。開始当初は「ケーブルネット神戸芦屋」(J:COM神戸・芦屋)と「北摂ケーブルネット」(J:COM北摂)の2局よりスタートし、順次全局へと展開していくとしている。

 本サービスは、IPカメラでのモニタリング・録画を目的とした「基本パック」(840円/月)と、基本パックにセントラル警備保障(CSP)が提供する「要請出動サービス」をパッケージした「安心パック」(1,575円/月)の2種類をラインアップ。なお、両パックともにIPカメラ本体は別途購入する必要がある。

 本サービスのモニタリング機能は、IPカメラで取得した画像に変化があった場合、あらかじめ登録した携帯電話やインターネットのメールアドレスへ画像送信することや、サーバでの録画保存ができるというもの。最大4台まで市販のIPカメラ(コレガ社製)を接続できるため、ニーズに応じた広い範囲でのモニタリングを行えるのが特徴となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top