「ケイゾク」の堤幸彦監督が描く恋愛映画「恋愛寫眞」 | RBB TODAY

「ケイゾク」の堤幸彦監督が描く恋愛映画「恋愛寫眞」

エンタメ その他

広末涼子と松田龍平が共演した恋愛映画「恋愛寫眞」
  • 広末涼子と松田龍平が共演した恋愛映画「恋愛寫眞」
 松竹が運営する映画配信サイトの「シネリエ」は27日、映画「恋愛寫眞」、「落下する夕方」など6作品を配信開始する。作品は、配信提携会社(ケイ・オプティコム、ショウタイム、ニフティ)を通じて購入・視聴する。

 「恋愛寫眞」は、「ケイゾク」「トリック」「池袋ウエストゲートパーク」の映像作家・堤幸彦が描く新感覚の恋愛映画だ。広末涼子と、松田優作の長男である松田龍平の共演が話題である。

 カメラマンの誠人は、ある日、1通の手紙を受け取る。それはニューヨークで死んだはずの初恋の相手・静流(しずる)からのものだった。もう一度、彼女に会い、あの時言えなかった気持ちを伝えたい……。誠人は、静流を探すためニューヨークへと旅立った。

 一方、「落下する夕方」は、直木賞作家・江國香織のベストセラーを映画化したラブストーリーだ。28歳のヒロインが恋の喪失をきっかけに、孤独や死、心の痛みと向き合い、受け入れていくまでを描く。

 出演は原田知世、渡部篤郎、菅野美穂、中井貴一、大杉漣など。監督・脚本は、95年ヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞した「幻の光」でプロデューサーを務めた合津直枝。

 このほか「漫才学校・ゴリラ大暴れ」(出演・ミヤコ蝶々、夢路いとし、喜味こいし)、「道頓堀川」(松坂慶子、真田広之)、「晩春」(原節子、月丘夢路)、「東京暮色」(原節子、有馬稲子)を配信する。

 利用料金は1作品につき367円/7日間。配信帯域は2Mbps、500kbpsの2帯域。視聴にはWindows Media Playerを使用する。

 なお「シネリエ CINELIER」は毎月第4金曜日に更新し、作品を提供している。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top