米Yahoo!、新聞社とローカルコンテンツとターゲティング広告の連携を強化 | RBB TODAY

米Yahoo!、新聞社とローカルコンテンツとターゲティング広告の連携を強化

ブロードバンド その他

 4月16日(現地時間)、米Yahoo!は、全米12の地方紙とのコンテンツと広告に関する連携を強化したと発表した。

 Yahoo!は、昨年11月に全米の新聞社、および地方紙を発行する新聞社と、ローカルニュースと連動するターゲティング広告について提携するコンソーシアムを立ち上げているが、このたびの発表で、McClatchy Campany(多数の地方紙を傘下に持つ全米3位の新聞社)のほか4社が加わり合計12社との提携となり、Yahoo!と提携する地方紙は44州、264紙以上に上ることになる。

 同じ日に、Googleはラジオ広告展開の発表を行っているが、これもローカル放送局でのターゲティング広告を特徴のひとつとしている。メディアの主流となりつつあるインターネットのビッグ2が、そろって既存メディアのローカルコンテンツに注視していることは、単なる偶然ではない。新旧含めて「マス」メディアのあり方の今後を示唆する動きともいえるだろう。

 また、Yahoo!と新聞社12社のコンソーシアムは、同日午前11時(米国東部標準時間)からカンファレンスコール(同時会議通話)とウェブキャストを行うことも発表した。その模様は同日午後2時(同前)から6月16日午後11:59まで視聴可能にするとしている。
《中尾真二》

特集

page top