【WILLCOM FORUM & EXPO 2007 Vol.5】ウィルコムが提案する、定額プランによるビジネスソリューションとは | RBB TODAY

【WILLCOM FORUM & EXPO 2007 Vol.5】ウィルコムが提案する、定額プランによるビジネスソリューションとは

エンタープライズ モバイルBIZ

 13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。
  •  13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。
  •  13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。
  •  13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。
  •  13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。
  •  13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。
  •  13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。
  •  13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。
  •  13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。
 13日、ウィルコムのプライベートイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて、ウィルコムのソリューション営業本部ビジネス企画部 部長 大川宏氏による「PHSビジネスソリューション 定額プランで実現する多彩なビジネスソリューション」と題したセミナーが行われた。ここでは、ビジネスソリューションを実現するための製品と実際の導入事例などについて紹介された。

 ウィルコムでの法人比率が46%と、他の携帯キャリアに比べて(各社それぞれ10%程度とのこと)高い理由について、音声通話およびデータ通信の定額パックを提供していることを挙げた。また、狭い地域に複数の基地局を設置するマイクロセル方式により実現可能となった、大容量のネットワーク環境と、クリアな音質での通話環境がウィルコムが選ばれている要因であるだろうと述べている。さらに、ウィルコム基地局は携帯電話用と比べ圧倒的に多いため、災害時など通話が集中しやすくなる場合でも、負荷の分散がしやすいため、携帯電話よりもかかりやすいという点が企業から選ばれている理由の一つであるだろうとした。

 次にウィルコムからの提案として紹介されたのが、社内の内線電話システムにPHSシステムを組み合わせた「ハイブリット内線システム」と呼ばれるもの。これは、社員一人一人に内線電話機能付きのPHS端末(日本無線のWX220J、WX321J)を配布し、内線電話の交換機とPHSアダプターを連携させることで、内線番号をかけた相手が社内にいても社外にいても、定額プランの対象となるため通話料のコストを抑えることができるというシステムだ。

 また、W-SIMを本体に装着し、コンセントから電源を取ることで通話が行える会議用スピーカーホンについて紹介が行われた。会議用スピーカーホンは本来、通話は1対1が前提となるのだが、ウィルコムが提供を行っている電話会議サービス「AIR-CONFERENCE」と組み合わせることで、複数の場所にいる社員同士で会議を行うことが可能となるとのこと。

 W-ZERO3を使ったビジネスソリューションでは、サービスマンにW-ZERO3を配り、客先での修理指示、修理完了後の検収サイン入力、サービスレポートの作成と送信といった業務プロセスを実際に運用しているハイデルベルグ・ジャパンの事例や、画面に表示されるアイコンやボタンをクリックしていくだけで株の取引が行える内藤証券の「Touchトレード」のほか、数多くの事例が紹介された。

 今後の展開として紹介されたのは、社内のグループウェアサーバに社外からモバイル端末でアクセスが可能となる「WILLCOM Sync Mobile」、スーパーなどで商品のCMを流す展示用ディスプレイにW-ZERO3を活用し、インターネット経由で表示内容を変更できる「電子POP」、モバイル端末のリモートセキュリティ機能の強化、高速度化通信機能「W-OAM」の更なる進化などだ。
《青木聡史》

関連ニュース

特集

page top