日本HP、AMD製プロセッサ搭載廉価版タワー型サーバを発表 | RBB TODAY

日本HP、AMD製プロセッサ搭載廉価版タワー型サーバを発表

エンタープライズ ハードウェア

新製品発売の背景について説明する日本ヒューレット・パッカード株式会社 エンタープライズストレージ・サーバ統括本部 インダストリ スタンダード サーバ製品本部 プロダクトマーケティング部 部長 橘一徳氏
  • 新製品発売の背景について説明する日本ヒューレット・パッカード株式会社 エンタープライズストレージ・サーバ統括本部 インダストリ スタンダード サーバ製品本部 プロダクトマーケティング部 部長 橘一徳氏
  • 「HP Proliant ML115」の製品説明と「Lights-Out100」のデモを行う同テクノロジー・マーケティング・マネージャ 香取明宏氏
  • 本日発表された「HP Proliant ML115」
  • Lights-Out100ボードを使ったリモートアクセスのデモンストレーション
 日本ヒューレット・パッカード株式会社は(以下HP)4月12日、HPとしてはじめてのAMD製プロセッサ AMD Optronを搭載したタワー型サーバ「HP Proliant ML115」を発表、同日東京本社にて新製品説明会を行った。

 コンパクトなタワー型筐体を採用し、価格性能比に優れたAMD製プロセッサーを使用することで最小構成3万円台という低価格を実現したこの製品は、数名の小規模オフィスにおけるプリンタ/ファイル共有サーバや、数十名以上の中規模企業における部門単位のグループサーバなどの使途を想定しているという。

 また、LANやインターネットを介して自宅や外出先からもサーバの状態を監視、メンテナンスできるLights-Out100ボードもオプションで用意される。受注は本日からHP DirectplusおよびHPダイレクトパートナー経由で行われ、商品出荷開始時期は4月17日、受注から4営業日で出荷されるという。

 また、今回の発表と同時に現行のAMDプロセッサ搭載製品本体22機種と、インテル製プロセッサを搭載したタワー型エントリーサーバ「HP ProLiant ML110」の価格改定も発表された。


●主なスペック
製品名
HP Proliant ML115    

最小構成価格
39,900円(税抜き 38,000円)

プロセッサ
 デュアルコア AMD Optron プロセッサ1216(2.4GHz)
 デュアルコア AMD Optron プロセッサ1210(1.8GHz)
 シングルコア AMD Optron プロセッサ3500+(2.2GHz)

RAID5対応のオンボードSATAコントローラ
SmartアレイE200コントローラ(オプション、SASハードディスク用)
PCI Express x16、PCI Express x8 スロット搭載
遠隔管理向けLights-Out100cボード(オプション)
コンパクトなサイズ
 36.7 × 17.5 × 42.6cm (高さ/幅/奥行き)
余裕の拡張性
 メディアベイ×2 (光学ドライブ、USB DAT)
 HDDベイ×4(SATA、SAS)
 拡張スロット×4
その他、USBテープドライブ、UPSなどの各種オプションに対応
《田口和裕》

特集

page top