ケータイからのチケット予約「経験あり」3割〜MMD研究所調査 | RBB TODAY

ケータイからのチケット予約「経験あり」3割〜MMD研究所調査

ブロードバンド その他

 アップデイトが設置するMMD(モバイルマーケティングデータ)研究所は12日、「携帯インターネットからのチケット予約に関する利用動向調査」の結果を発表した。

 同調査は、3月30日から今月2日の4日間「00HPメイカー」「モンキータウン」など11のモバイルサイトでWeb上のアンケート形式で実施されたもの。有効回答数は6,938。

 発表によると、携帯電話のインターネット機能を使ってのチケット予約に関しては、3割以上が「経験あり」と回答した。また、予約したチケットの種類は人気が高い順から「コンサート・ライブ・演劇・イベント」が62.9%、「旅行(宿泊チケットなど)」が31.0%、「交通(電車・新幹線など)」が23.5%となった。年代別では、すべての年代で5割以上が「コンサート・ライブ・演劇・イベント」ともっとも多く、10代では次いで「映画」、20代以上からは「旅行(宿泊チケット)」となっている。

 PCからのインターネットによるチケット予約についての設問では「携帯電話インターネットのみ利用」が10.0%、「パソコンのみ利用」が13.0%、「携帯インターネット・パソコンどちらも利用」が16.3%。PCからのチケット予約経験者に予約したチケットの種類を尋ねたところ「コンサート・ライブ・演劇・イベント」が63.7%、「旅行(宿泊チケットなど)」が52.2%、「交通(電車・新幹線など)」が35.6%と、携帯電話インターネット利用者と同じ傾向を示した。

 携帯電話インターネットを利用する理由としては、「外出中に購入できるから」が34.4%、「携帯電話のほうが便利だから」が27.0%、「常にチケット情報を確認できるから」が18.6%。また、今後どのような条件があれば引き続き携帯電話インターネットからのチケット予約を続けるかという質問に「チケット料金が割引になる」が75.2%、「携帯電話ならではの先行予約がある」が73.0%だった。

 また、予約前にチケットに関する情報検索を携帯電話から行ったかという設問では、約8割が「行った」と回答し、検索内容は「チケット情報サイト」が65.9%、「チケット詳細情報」が49.9%、「会場へのアクセス(所在地・電話番号など)」が46.0%となった。

 購入したチケットの決済方法は、「コンビニ決済」が42.5%とトップで、ついで「クレジットカード決済」が37.3%。年代別では10代と20代が「コンビニ決済」、30代以上は「クレジットカード決済」がもっとも多かった。

 携帯電話、およびPCからのインターネットによるチケット予約未経験者に今後の利用意向を尋ねたところ、約5割が「興味あり」と回答した。予約してみたいチケットの種類は「コンサート・ライブ・演劇・イベント」が52.9%、「映画」が41.0%、「旅行(宿泊チケットなど)」が37.6%となった。年代別では、10代と20代では「コンサート・ライブ・演劇・イベント」、30代以上では「旅行(宿泊チケットなど)」がもっとも多かった。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top