ViacomがYouTubeとGoogle USAの著作権侵害に対して10億ドルの損害賠償請求 | RBB TODAY

ViacomがYouTubeとGoogle USAの著作権侵害に対して10億ドルの損害賠償請求

ブロードバンド その他
 現地時間3月13日、米大手コンテンツ企業Viacomは、著作権侵害でYouTubeと米国Googleをニューヨーク地方裁判所に提訴したと発表した。

 Viacomは、16万もの同社のビデオ画像が許諾なしにYouTubeに公開され、15億回以上も閲覧されていることに対して、10億ドルの損害賠償と、今後の違法コンテンツの公開禁止をYouTubeとGoogleに対して求めるという。

 Viacomの訴状によれば、YouTubeとGoogleの行っている、無許諾の著作物公開によるPVと広告収入のビジネスモデルは、明らかに著作権法違反である。そして、これらの利益は本来、著作者、制作者、ディレクター、デザイナー、そして彼らに投資しコンテンツを開発・創造している者(Viacomのような)に帰するべきものだとしている。

 Viacomは、MTVやCOMEDY CENTRALなどエンターテインメント分野のコンテンツを多く持つ米大手企業だ。昨年はSkypeの創業者などが出資・設立したJoostというインターネットテレビの企業にコンテンツ提携も行っている。今回の提訴が、このJoostのビジネスに関係しているかは不明だが、訴状の主張の見方によっては、YouTubeとGoogleがYouTubeの動画公開で得た収入を適切に著作権者に還元すればいいともとれる。YouTubeをJoostのような著作権的にクリアなビジネスモデルにしようという意図もあるのかもしれない。
《中尾真二》

特集

page top