シャープ、液晶テレビ「AQUOS」にマッチするオーディオシステム | RBB TODAY

シャープ、液晶テレビ「AQUOS」にマッチするオーディオシステム

IT・デジタル その他

AN-ACR1(左)とAN-ACS1(右) 写真は液晶テレビAQUOSとハイビジョンレコーダーを組み合わせた例
  • AN-ACR1(左)とAN-ACS1(右) 写真は液晶テレビAQUOSとハイビジョンレコーダーを組み合わせた例
 シャープは20日、「AQUOS」ブランドのオーディオシステム「AN-ACR1」「AN-ACS1」を発表した。発売日はAN-ACR1が3月10日、AN-ACS1が3月25日。価格はオープンで、予想実売価格はそれぞれ25万円前後と20万円前後。

 AQUOSオーディオは、液晶テレビやハイビジョンレコーダーと連携して操作できるAQUOSファミリンクに対応。デザイン上でも、今回の2モデルはAQUOS Rシリーズの液晶テレビとの接続を考えたピアノブラック調のAVラックスタイルになっている。52V型から65V型などの大型テレビ向けがAN-ACR1、42V型から52V型といったサイズ向けがAN-ACS1だという。
 
 本体は、1ビットデジタルアンプを採用し、2chスピーカーとサブウーハー内蔵している。スピーカー部は10cmウーハーと2.5cmのソフトドームツイーターを搭載した2ウェイ防磁設計。サブウーハー部は16cmウーハー搭載のバスレフ型。ドルビーバーチャルスピーカーを搭載し、2chスピーカーとサブウーハーだけで5.1chサラウンドのように背後や側面からも音を感じられる。
 
 また、「シネマ」「ニュース」「ミュージック」など、用途に応じた8種類のサウンドモードを設けており、再生するメディアに応じたサウンドが楽しめる。
 
 デジタル入力はHDMI端子と角型光端子をそれぞれ1つずつ、アナログ入力はピンジャック(L/R)が2つ。音声出力はHDMI出力端子が搭載されている。
 
 サイズは、AN-ACR1が最大で幅1,595×高さ410×奥行き469mm、重さは71.6kg。AN-ACS1が最大で幅1,315×高さ476×奥行き436mm、重さは58.7kg。リモコン、長さ1.5mのHDMIケーブル、ケーブルクランプなどが付属する。
《》

関連ニュース

特集

page top