マイクロソフト、Office systemとの連携を強化したSQL Serverの最新版をリリース | RBB TODAY

マイクロソフト、Office systemとの連携を強化したSQL Serverの最新版をリリース

エンタープライズ モバイルBIZ

マイクロソフトのサーバープラットフォームビジネス本部 本部長の五十嵐 光喜氏
  • マイクロソフトのサーバープラットフォームビジネス本部 本部長の五十嵐 光喜氏
  • SQL Serverの成長の推移
  • データベース製品におけるセキュリティホールの数
  • SQL Serverは、データベースからデータプラットフォームへ
  • データマイニングのプロセス
 マイクロソフトは7日、「Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2」を13日より提供開始することを発表した。合わせて、「SQL Server Compact Edition」および「SQL Server 2005 Data Mining Add-ins for Office system」も同日より提供を開始する。

 説明を行なったマイクロソフトのサーバープラットフォームビジネス本部 本部長の五十嵐 光喜氏は、「SQL Server 4.2のリリース以来、右肩上がりの成長を維持しており、全世界で平均20%の成長を達成している」というデータを示し、支持を得ている根拠として、「従来、強みとされていた中小規模システムだけでなく、ミッション・クリティカル・システムにおいてもSQL Serverの採用が拡大している。また、データベースと組み合わせて利用するERPアプリケーションでも、代表的な存在であるSAPではWindowsプラットフォームでの利用が拡大しており、こうした動向もSQL Serverの採用拡大を後押ししている」と語った。

 また、マイクロソフトの取り組みとして「『データベースからデータプラットフォームへ』というコンセプトに基づき、(1)リレーショナルデータベースを超越するテクノロジ(2)連続稼働を実現する高可用性と自動化(3)ダイナミックなアプリケーション構築のプラットフォームとなる(4)End to Endのビジネス・インテリジェンス(BI)の実現、という4つのテーマに取り組んでいる」とした。

 SQL Server 2005 Service Pack 2の主な新機能は以下のとおり。

・メンテナンス機能の追加
 運用作業の自動化機能である「メンテナンス プラン」に、マルチサーバー環境、リモートサーバーへのログ記録、複数スケジュール機能が追加される。
・新しいデータ型の追加
 数値データを可変長列として保存できるデータ型“vardeciaml”が新たに採用される。
・プラン キャッシュ機能の強化
 クエリのパフォーマンスが向上する
・Analysis Servicesの性能向上
 パーティション処理におけるNUMA最適化など、各種のパフォーマンス向上手法が実装される
・Reporting Sericesの強化
 Hyperion Essbase用のデータ・プロバイダ「Microsoft .NET Data Provider for Hyperion Essbase」を追加。また、レポート ビルダ用のレポートモデルのデータソースとしてOracle Databaseのサポートを追加

 なお、SQL Server 2005 Service Pack 2は、マイクロソフトのWebサイトより無償でダウンロードできる。

 また、モバイルデータベースとして最適化された軽量データベースとして、「SQL Server 2005 Compact Edition」も無償提供される。Windows PCのほか、Windows Mobile端末などでも動作する。インストールには、メモリは約2Mバイト、ディスクは約5Mバイト必要。データサイズは最大5GBまでだ。

 最後に、「SQL Server 2005 Data Mining Add-ins for Office system」は、Excel 2007およびVisio 2007向けのアドインツールで、Excel 2007/Visio 2007からSQL Server 2005のデータマイニング機能を利用可能とするもの。会場でデモが披露された「Table Analysis Tools for Excel 2007」では、Excelの表内のデータを直接SQL Server 2005のAnalysis Servicesに送り込み、分析を実行してExcelの表内に結果を取り込む。従来であれば、分析アルゴリズムの選択からデータのクレンジングなど、分析実行前の準備作業に多大な労力を費やしていたが、Data Mining Add-insでは、Excelのリボンに用意されたボタンをクリックして分析手法を選び、ウィザード形式の設定を数クリック行なうだけで高度なデータ分析が可能だ。

 分析内容としては「主要な影響元の分析」「カテゴリの検出」「例の全体適用」「予測」「例外の強調表示」「シナリオ分析」などが用意されており、SQL Server 2005に搭載されている9種類のマイニング・アルゴリズムを利用することが可能。このツールによって、従来は大きな労力とコストを要していたデータ・マイニングが、担当者個々で利用できるようになり、営業活動等に応用しやすくなるという。このツールも、無償でダウンロード可能となるが、Analysis Servicesが利用可能なように構成されたSQL Server 2005が利用可能な環境であることが条件となる。
《渡邉利和》

関連ニュース

特集

page top